[新製品・サービス]

NTTデータ、統合運用管理ソフトウエア「Hinemos Ver.3.2」を公開開始

2010年10月1日(金)

NTTデータは2010年9月30日、オープンソースソフトウエア(OSS)の統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」(ヒネモス)を活用したシステム運用を拡大するため、さらなる機能強化を図った新バージョン「Hinemos Ver.3.2」を同日より公開すると発表した。NTTデータは、オプションの提供を含めたHinemosパートナープログラム全体として、年間3億円の売上げを目指すとしている。

「Hinemos Ver.3.2」では、監視状況をグラフィカルに表示する「ノードマップオプション」の追加により、障害が発生したサーバーの設置場所などを直感的に把握することができ、速やかな障害対応を実現する。また、プライベートクラウド環境への適用を見据え、監視対象のサーバー台数キャパシティを拡大。これにより、例えば複数システムの統合基盤など、数百台規模のシステムにおいても、Hinemosを活用したシステム運用基盤を構築できるようになる。

「Hinemos Ver.3.2」の主な特徴は次のとおり。

  1. より進化した稼働状況の『可視化』
    既存のスコープビューの他、新たな「ノードマップビュー」を用いた監視が可能になる。これにより監視対象サーバーの設置場所を効率的に確認したり、障害発生状況を速やかに確認できる。
  2. より大規模なIT環境への対応強化
    【管理対象台数を拡大】
    Hinemosマネージャプログラムの改善により、Ver.3.1比で約3倍~約6倍(環境や設定内容による)のサーバー群を1台のHinemosマネージャ・サーバーで管理可能にしている。また、新バージョンではHinemosマネージャの最低必要メモリ容量を1GBに削減(Ver.3.1では2GB)。これにより、仮想環境上でのHinemosマネージャ利用時のリソース消費量を抑制し、物理メモリを有効に利用できる。
    【複数業務サブシステムの独立運用を実現】
    複数のサブシステムを統合したシステム運用でも、各サブシステム間で独立した業務ジョブ運用を実施する場合を想定した機能強化を実施した。
  3. よりスマートな運用を可能とする機能強化
    【Hinemos制御インターフェースの追加】
    Hinemosクライアントを用いたGUIによる制御とは別に、外部からのHinemos制御用APIを使用して、Hinemosを外部プログラム(ユーザー作成プログラムやスクリプトなど)から制御できる。これにより、より効率的でミスのない運用を実現する。
    【障害対処運用手順呼び出し機能(URLリンク対応)】
    Hinemosで監視設定を行う際に、対処手順を示したURLリンクを設定することで、障害発生時に即座に対処手順の呼び出しを可能にしたことで、障害復旧のための所要時間を短縮できる。
    【一過性のリソース逼迫時の通知抑止】
    監視対象のIT機器において一時的にリソースが逼迫しても、しばらくすると自然と復旧する場合がある。Ver.3.2では、このような一過性の通知を抑制する設定が可能になり、対処不要なリソース逼迫の確認作業を削減できる。
    【自己診断機能の強化】
    Hinemosの動作状況を自己診断する機能が充実。万一のHinemos障害発生を、より迅速に把握できる。

機能拡張製品は次のとおり。

【無償製品】:「Hinemos」(基本機能)
「Hinemos」に関する情報は「Hinemosポータルサイト」にて公開される。また、ソースコードおよび実行バイナリは、オープンソースのライセンスである「GNU General Public License (GPL)」で公開される。
【有償製品】:「Hinemos ノードマップオプション」(新製品)/「Hinemos有償エージェント」/「UNIXエージェントPack」(2010年11月出荷予定)/「HinemosHAオプション」/「HinemosVM管理オプション(VMware対応版)」/「HinemosVM管理オプション(Xen対応版、OracleVM対応版)」(2010年10月出荷予定)/「HinemosUtilityオプション」
「Hinemos」有償製品は、Hinemosパートナー各社より提供される。提供形態と価格はHinemosパートナー各社により異なる。

「Hinemos」ポータルサイト
http://www.hinemos.info/

SourceForge Hinemos Project
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/

10月12日 「Hinemos紹介セミナー」 会場:INFORIUM[東京・霞が関]
http://www.hinemos.info/topics_event/201010hinemos.php

10月18日~20日 「ITPro EXPO 2010」 展示会 会場:東京ビッグサイト
http://www.nttdata.co.jp/itpro2010/index.html

10月21日 「Hinemos紹介セミナー」 会場:NTTデータ関西本社[大阪・梅田]
http://www.nttdata-kansai.co.jp/seminar/

11月10日 「Hinemos World 2010」 会場:東京ミッドタウン カンファレンスルーム
http://www.hinemos.info/topics_event/Hinemos_World_2010.php

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/

関連記事

NTTデータ、統合運用管理ソフトウエア「Hinemos Ver.3.2」を公開開始NTTデータは2010年9月30日、オープンソースソフトウエア(OSS)の統合運用管理ソフトウエア「Hinemos」(ヒネモス)を活用したシステム運用を拡大するため、さらなる機能強化を図った新バージョン「Hinemos Ver.3.2」を同日より公開すると発表した。NTTデータは、オプションの提供を含めたHinemosパートナープログラム全体として、年間3億円の売上げを目指すとしている。

PAGE TOP