[海外動向]

【米国クラウド最前線】大手銀行もクラウド参入 イネーブラーが躍進へ

2010年10月26日(火)

米国では、クラウドがもたらすビジネスチャンスを逃すまいと、多くの新サービスやスタートアップ企業が生まれている。ここでは、今後の躍進が期待される「SaaSマーケットプレース」「SaaSエスクロー」「クラウドイネーブラー」を紹介する。

非IT企業がクラウド参入
—SaaSマーケットプレース

SaaSの普及に伴い、そのマーケティングおよび販売チャネルが整ってきた。SaaSエクスチェンジ、SaaSディレクトリ、SaaSマーケットプレースである。

SaaSエクスチェンジ

先進SaaSプロバイダといえども、1社が提供できるアプリケーションの種類は限られている。セールスフォース・ドットコムであれば中心となるのはCRM、グーグルにしても個人とチームの生産性ツールだけである。これでは、ユーザー数の拡大に限界がある。

そこで、SaaSプロバイダは数年前から、自社のサービス基盤上で提供する機能を拡充してユーザーを呼び込むため、外部の開発者による追加アプリケーションの開発を奨励。そうした追加アプリを業種や機能別に見やすく陳列するSaaSエクスチェンジと呼ぶWebサイトを運営している。

草分けは、セールスフォース・ドットコムが2005年10月に立ち上げた「AppExchange」だ。その後を追うのが、NetSuiteの「SuiteApp.com」である。2010年3月には、グーグルが「Google Apps Marketplace」を開設。登録アプリケーション数を急速に増やしている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【米国クラウド最前線】大手銀行もクラウド参入 イネーブラーが躍進へ米国では、クラウドがもたらすビジネスチャンスを逃すまいと、多くの新サービスやスタートアップ企業が生まれている。ここでは、今後の躍進が期待される「SaaSマーケットプレース」「SaaSエスクロー」「クラウドイネーブラー」を紹介する。

PAGE TOP