[イベントレポート]

韓国や中国の躍進に存在感薄れる日本 システム品質の優位性をどう活かすか

2010年10月6日(水)

戦後、右肩上がりで経済成長を遂げてきた日本。IT分野でもアジア地域でトップを走ってきた。が、その勢いも、韓国や中国の躍進の陰に隠れがち。殊に行政システムにおいては完全に出遅れた感もある。とはいえ、システム品質の高さなど日本ならではの優位性もある。今、やるべきこととは何か。

この15年ほど、筆者は日韓IT交流にかかわっている。正確には「にも」というべきで、中国ともわずかばかり縁がある。日本に軸足を置きつつ、日中台韓の連携を推進する動きに関心がある、といっていい。仁川国際空港に直結したハイテク特区構想(実現はしなかったが)の工事現場に立ったのをきっかけに、ソウル市江南区や大田市の電子政府システムやIT人材の育成に取り組む大学の取材を続けてきた。

1990年代の半ばから、韓国が国を挙げてブロードバンド・インターネット網の整備とIT人材の育成に取り組み、その成果として世界トップクラスの電子政府システムを実現したのは周知の事実である。また台湾は新竹地区に電子機器やソフトウェアの開発・生産基地を建設し、CPUボード、通信機器の領域で大きく躍進した。

つい最近、上海市、無錫市を中心に中国のソフト産業や政府のIT化推進策を見聞してきた。広大な土地に建設用の重機が休む暇なく動き、年間50万人のソフトウェア技術者が輩出されている。「これまでは海外から受託する案件が中心だったが、今年を境に内需が出始めた」と現地のソフト会社は今後に期待する。

「先進工業国から仕事を持ってくる時代は終わろうとしている。今度は我々が世界に出て行く番がやってくる」「日本は中国に抜かれるのではない。我々から見れば、元に戻るだけではないか」─。彼らの言葉は自信に満ちている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

韓国や中国の躍進に存在感薄れる日本 システム品質の優位性をどう活かすか戦後、右肩上がりで経済成長を遂げてきた日本。IT分野でもアジア地域でトップを走ってきた。が、その勢いも、韓国や中国の躍進の陰に隠れがち。殊に行政システムにおいては完全に出遅れた感もある。とはいえ、システム品質の高さなど日本ならではの優位性もある。今、やるべきこととは何か。

PAGE TOP