アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

スカイアークが企業向けCMSに新版、携帯サイトとフォーム機能を標準装備

2010年10月5日(火)

スカイアークシステムは2010年10月5日、Webコンテンツ管理ソフト(CMS)の新版「MTCMS 5.22」を販売開始した。新たに、これまでオプション扱いだった2機能(税込で15万7500円分)を標準装備とした。価格は、シングル・サーバー構成で84万円(税込)など。

MTCMSは、Webコンテンツ管理システム。WebサーバーやHTMLの知識を必要とすることなく、簡単な操作でWebコンテンツの登録や更新、管理ができる。企業の需要に合わせ、コンテンツの一括登録や承認ワークフローなどの機能を提供する。

ソフトウエアのベース部分に、シックス・アパートが販売するブログ・ソフト「Movable Type」(MT)を利用。MTの機能を拡張するプラグイン・モジュールとして実装しており、MTとのセット・パッケージとして販売する。

今回の新版では、全部で6個あるオプション機能のうち、2つの機能を標準で搭載した(1サーバー分のライセンス)。具体的には、(1)「携帯サイト対応機能」(税込10万5000円)と、(2)「メールフォーム機能」(税込5万2500円)を標準で装備する。

なお、今回の新版では、1サーバー構成で利用できる「通常版」の価格が、従来の75万6000円(税込)から84万円(税込)へと変更になった。複数部門やグループ会社に展開に適したサーバー数無制限の「Enterprise」は、220万5000円(税込)で、従来と変わらない。今回標準で追加した2つのオプションは、通常版とEnterpriseともに、1サーバー分のライセンスが含まれる。

今後も別売となる、このほかのオプションは、以下の通り。(3)「ステージングサーバー機能」(税込26万2500円)。(4)「スマートフォン対応機能」(税込21万円)。(5)「全文検索機能」(税込10万5000円から)。(6)「ネットショップ」(個別見積もり)。また、関連SIサービスとして、インストール(税込5万2500円から)や、教育(税込10万5000円から)、機能のカスタマイズ(個別見積もり)なども請け負う。

関連記事

スカイアークが企業向けCMSに新版、携帯サイトとフォーム機能を標準装備スカイアークシステムは2010年10月5日、Webコンテンツ管理ソフト(CMS)の新版「MTCMS 5.22」を販売開始した。新たに、これまでオプション扱いだった2機能(税込で15万7500円分)を標準装備とした。価格は、シングル・サーバー構成で84万円(税込)など。

PAGE TOP