[木内里美の是正勧告]

情報通信関係の学会は自らの役割を見直せ!(vol.25)

2010年10月14日(木)

日本には、おそらく1700を超えると思われる学会がある。情報通信関連では情報処理学会をはじめとして、電子情報通信学会、経営情報学会、日本情報経営学会、日本社会情報学会、さらには特定分野の日本医療情報学会、システム制御情報学会、教育システム情報学会、農業情報学会など、数10の学会が活動している。

それぞれのWebサイトには専門とする学術の発展と、社会に寄与する目的が謳われている。しかし、例えば情報システムのトラブルが社会的な問題になった時に、分析や解決に参画する学会人の姿を見ることがまずないのは、いかがなものか。もちろん学会としてコメントを発表するケースはあるが、学会の専門家が解決に招聘されるわけではない。

他の学問領域はどうか。地震によって大きな津波の被害が生じた際には、世界的な津波の権威である筆者の恩師がテレビで解説した。大学を退官されるような年齢でも、その知見を求めて引っ張りだこである。交通でも医療でも環境でも、社会的な影響が大きい事象が発生すると、やはり専門分野の教授や学者が対策に当たる。

なぜ情報通信分野に関しては、学会が身近に感じられないのか。高度な情報通信技術者の育成が叫ばれ続け、欧米やアジア各国との取り組み格差が話題になる中で、学会は何をしているのか。そうした実務分野と学会の乖離感が、いつも気になっていた。

内側からみた学会の課題

縁あって、実際に情報関連の学会に参加してみた。大学人の論文発表の場になりがちな傾向は、どの分野の学会にも共通だが、情報関連の学会の特質は、企業人や学生の参加が少ないことである。企業人もベンダー側の人は見受けられるが、ユーザー側の人になると皆無に近い。研究テーマについては時流のものを取り上げながら、成果をまとめるまでの期間が長く、進展速度の著しい情報通信技術とはスピード感が異なる。全国大会であっても参加者が少なく、対外的な情報発信力も弱い。そのような学会の印象を中核メンバーに伝えると、「それが最も大きな学会の課題なのです」と、おっしゃる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

情報通信関係の学会は自らの役割を見直せ!(vol.25)日本には、おそらく1700を超えると思われる学会がある。情報通信関連では情報処理学会をはじめとして、電子情報通信学会、経営情報学会、日本情報経営学会、日本社会情報学会、さらには特定分野の日本医療情報学会、システム制御情報学会、教育システム情報学会、農業情報学会など、数10の学会が活動している。

PAGE TOP