[河原潤のITストリーム]

ガートナー・ハイプサイクル2010年版に見る、先進テクノロジーの現在位置:第25回

2010年10月13日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

米国ガートナーは2010年10月7日(米国時間)、「先進テクノロジー・ハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)」の2010年版リポートを発表しました。ガートナー・ハイプサイクルは、近年登場した数々のテクノロジーについて、それぞれがどのような成熟度に到達しているのかを評価し、ハイプカーブと呼ばれる曲線上にマップした同社独自の指標です。

ガートナーは毎年70~80種類の分野別ハイプサイクル・リポートを作成しており、その中でも最も歴史があり、また注目されているのが先進テクノロジー・ハイプサイクル・リポートです。自社ITインフラにおいて導入を検討中の先進テクノロジーが現時点でどれぐらいの成熟度に達しているのかをつかむために、毎年この時期に発表される同リポートに注目しているユーザー企業のCIOやITリーダーはかなり多いのではないでしょうか。

図 米国ガートナーによる、2010年版の先進テクノロジー・ハイプサイクル   出典:米国ガートナー(2010年8月)

昨年度のガートナー ジャパンのリリースを基に、ハイプサイクルの見方を簡単に記しておきます。グラフの縦軸がテクノロジーに対する期待度で、横軸がテクノロジー登場後の時間経過になります。各テクノロジーは、「Technology Trigger(テクノロジーの黎明期)」「Peak of Inflated Expectations(『過度な期待』のピーク期)」「Through of Disillusionment(幻滅期)」「Slope of Enlightenment(啓蒙活動期)」「Plateau of Productivity(生産性の安定期)」の順で推移し、このグラフに示されたドットの位置が各テクノロジーの評価時点(2010年8月)での成熟度を示します。また、ドットの各マークは、主流テクノロジーとして採用されるまでの予想年数を示しています(ただし、○×を重ねた形のマークは「安定期に達する前に陳腐化」)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

Gartner / ハイプサイクル

関連記事

ガートナー・ハイプサイクル2010年版に見る、先進テクノロジーの現在位置:第25回米国ガートナーは2010年10月7日(米国時間)、「先進テクノロジー・ハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)」の2010年版リポートを発表しました。ガートナー・ハイプサイクルは、近年登場した数々のテクノロジーについて、それぞれがどのような成熟度に到達しているのかを評価し、ハイプカーブと呼ばれる曲線上にマップした同社独自の指標です。

PAGE TOP