[新製品・サービス]

日本IBM、POWER7を搭載した「IBM CloudBurst」最新版を発表

2010年10月14日(木)

日本IBMは2010年10月13日、クラウド環境構築のためのサーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアをすべてあらかじめ組み合わせ、その導入サービスをパッケージすることにより、設置から数日でクラウド環境が利用可能であるアプライアンス製品「IBM CloudBurst V2.1 on Power Systems」を発表し、2010年12月17日より提供を開始することを発表した。同製品は、世界最速の汎用プロセッサー「POWER7」搭載のUNIXサーバーであるPower Systemsに対応する。

また同時に、IBM CloudBurstに導入されているクラウド管理ソフトウェア機能を仮想アプライアンスとしてパッケージ化したソフトウェア製品を、Power Systems基盤でも対応可能にしたソフトウェア「IBM Service Delivery Manager on Power Systems」も発表し、同じく2010年12月17日より提供することも発表した。

「IBM CloudBurst V2.1 on Power Systems」は、サーバーにPower Systemsを採用。「POWER7」を搭載したPower Systemsは、稼働状況の監視、プロセッサーやメモリー、I/Oレベルでの自動エラー修正機能を持つ、信頼性の高いサーバー。オープンなUNIXオペレーティング・システムであるAIX、物理サーバーや仮想サーバー、計算資源プールの動的配分が可能な仮想化機能であるPowerVMにより、業務負荷に応じて柔軟にハードウェア資源を配分するとともに、サーバーの使用率や管理効率を向上させる。最小構成で16コア搭載し、仮想サーバーは160個まで、最大構成では仮想サーバーを2960個まで稼働でき、高い拡張性を提供するとともに、AIXによる先進のセキュリティーと高い可用性を備えたクラウド・サービスを提供可能。

さらに、高いデータ転送能力を備えるミッドレンジのディスク・ストレージ「IBM System Storage DS5020」とストレージ仮想化装置「IBM System Storage SAN Volume Controller(SVC)」を搭載し、ストレージを一元管理するとともに使用効率を高め、1データを分割して保存するストライピング機能などにより、データへの高速アクセスが可能。

これらのハードウェア基盤により、信頼性および性能が高く、より柔軟な資源割り当てができるクラウド環境の提供が可能となる。

同製品の価格は以下のとおり。

  • IBM CloudBurst V2.1 on Power Systems
    参考価格:約9,300万円
  • IBM Service Delivery Manager on Power Systems
    使用料金:18万9,600円(税別、100PVU単位の場合)


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

 

 

関連記事

日本IBM、POWER7を搭載した「IBM CloudBurst」最新版を発表日本IBMは2010年10月13日、クラウド環境構築のためのサーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアをすべてあらかじめ組み合わせ、その導入サービスをパッケージすることにより、設置から数日でクラウド環境が利用可能であるアプライアンス製品「IBM CloudBurst V2.1 on Power Systems」を発表し、2010年12月17日より提供を開始することを発表した。同製品は、世界最速の汎用プロセッサー「POWER7」搭載のUNIXサーバーであるPower Systemsに対応する。

PAGE TOP