[インタビュー]

「クラウドで再燃したベンダー・ロックインから逃れよ」、米Red Hat幹部

2010年10月14日(木)

「2010年現在のクラウド・サービスは、1980年当時と似ている。オープン性が失われ、ベンダーが顧客を囲い込んでいる。この問題を解決するため、2011年に新たなクラウド運用管理ソフトを出荷する」---。米Red Hatでミドルウエア事業部門のVPを務めるCraig Muzilla氏は2010年10月14日、クラウドが抱える問題を指摘し、クラウド運用管理ソフトの製品ロードマップを説明した。

同社が2011年に出荷するクラウド関連ソフトは2つある。1つ目の「Cloud Engine」は、異なるクラウド(IaaS)間におけるアプリケーションの移植性を担保するミドルウエア。DELTA CLOUD APIと呼ぶAPIを介し、VMware製品群やAmazon Web Servicesなど、クラウド基盤サービスのレイヤーを抽象化する。同ソフトにより、クラウド選びの選択肢が広がる。

もう1つのソフト「Red Hat PaaS: Foundation Services」は、PaaSを運用するための機能を提供するミドルウエア。同社のJBoss製品群(Java APサーバー/SOA製品群)を中心とする、各種の開発環境(IDE、言語)、実行環境、各種フレームワーク、システム連携ミドルウエアなどを、PaaS形式で利用できるようにする。

同社は、クラウド関連ミドルウエアに求める原則(JBoss製品群の原則)として、以下の3つを挙げる。1つは、エンタープライズ向け(企業向け)の機能を提供すること。1つは、垂直統合型によるベンダーのロックインを廃し、レイヤー間インタフェース(API)の標準化などにより、開発・実装の柔軟性を高めること。1つは、オープン・ソースの価値(低コストなど)を利用すること。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「クラウドで再燃したベンダー・ロックインから逃れよ」、米Red Hat幹部「2010年現在のクラウド・サービスは、1980年当時と似ている。オープン性が失われ、ベンダーが顧客を囲い込んでいる。この問題を解決するため、2011年に新たなクラウド運用管理ソフトを出荷する」---。米Red Hatでミドルウエア事業部門のVPを務めるCraig Muzilla氏は2010年10月14日、クラウドが抱える問題を指摘し、クラウド運用管理ソフトの製品ロードマップを説明した。

PAGE TOP