[新製品・サービス]

大和ハウス工業、富士通のクラウドサービスを活用し基幹システムインフラを刷新

2010年10月15日(金)

富士通は2010年10月14日、大和ハウス工業と共同で、大和ハウスグループのさらなる企業競争力強化に向けて、同社グループの会計システムを富士通のデータセンター内に高信頼なUNIXサーバ 「SPARC Enterprise(スパーク・エンタープライズ)」を中核とするプライベートなクラウド環境で構築し、オンデマンドでトラステッドなクラウドサービスとして提供開始したことを発表した。

新システムは、大和ハウスグループの共通会計基盤として、2010年8月より、同社グループ24社において運用開始されている。

大和ハウス工業は、富士通のクラウドサービスにより、業務状況やビジネス拡張に合わせて、必要なときに必要な分だけ、スピーディーかつコストを抑えてICTリソースを活用することが可能となる。

大和ハウス工業は今後、SAP社のERPソリューションを導入し、大和ハウスグループ共通の会計および人事基盤と経営情報基盤を本クラウド環境に構築予定で、さらなるIT投資の効率化に取り組んでいく予定としている。

富士通
http://jp.fujitsu.com/

 

関連記事

大和ハウス工業、富士通のクラウドサービスを活用し基幹システムインフラを刷新富士通は2010年10月14日、大和ハウス工業と共同で、大和ハウスグループのさらなる企業競争力強化に向けて、同社グループの会計システムを富士通のデータセンター内に高信頼なUNIXサーバ 「SPARC Enterprise(スパーク・エンタープライズ)」を中核とするプライベートなクラウド環境で構築し、オンデマンドでトラステッドなクラウドサービスとして提供開始したことを発表した。

PAGE TOP