[Gartner’s Eye]

過去に固執していては変革は起きない 今こそ未来志向にシフトせよ(第13回)

2010年10月18日(月)

コスト削減や効率向上だけではなく、変化に追随して商機を拡大するためにITをどう戦略的に使うか。欧米や新興国の企業のIT部門は、既にそうした取り組みを始めている。グローバル競争が当たり前になった現在、固定観念に縛られずいかに「未来志向」で物事を考えるかが、重要性を増している。

経済状況は刻々と変化し、企業間競争のグローバル化もますます加速している。こうした状況下で競争優位を獲得するには、自社の将来像を明確に描き、それに向けて適切な施策を迅速に打ち続けなければならない。その際には過去や現在の状況に捕われない「未来志向」で物事を考えることが不可欠だ。

過去と現在だけでは、将来は展望できない
図1 過去と現在だけでは、将来は展望できない
出典:ガートナー

未来志向のきっかけとして7つのトレンドをつかむ

未来志向で物事を考えるといっても、何を足がかりにすればよいのか。1つの参考として、社会、ビジネス、テクノロジーの主要トレンドに関するガートナーの調査「Business Innovation and Emerging Trends(BIET)」で、2010年に調査対象とする7点のトレンドを挙げる。これらは、今後3〜10年かけてアーリーアダプターが中心となって適用可能性を議論するに値すると、ガートナーが考えているものだ。今後進むべき方向性を考える際のたたき台にしてほしい。

トレンド(1)
パターン・ベース・ストラテジー

社内外の膨大なデータの海から機会と危険を予見できる情報を探知し、行動に直結させるパターン・ベース・ストラテジー(PBS)は、経営環境の変化を受動的に収集し、素早く対応することに焦点を当てた従来の「Sense & Respond」型から、ビジネスに影響をもたらす“兆し”となる情報を自ら探し出して行動に移す「Seek & Act」型の情報活用に移行する助けとなる(詳細は前号の本コラム参照)。

トレンド(2)
オーグメンテッド・リアリティ

目の前の現実世界に、関連するデジタル情報を重ねて見せる─。これを実現するのが、オーグメンテッド・リアリティ(AR)だ。GPSや加速度センサーといった高性能なチップの価格が下がり、スマートフォンなどにも内蔵されるようになったことが、AR普及のハードルを押し下げている。ARは、一般消費者や外出中の営業スタッフなどに、状況に応じた情報を提供するための革新的な手段となり得る。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Gartner’s Eye一覧へ
関連記事

過去に固執していては変革は起きない 今こそ未来志向にシフトせよ(第13回)コスト削減や効率向上だけではなく、変化に追随して商機を拡大するためにITをどう戦略的に使うか。欧米や新興国の企業のIT部門は、既にそうした取り組みを始めている。グローバル競争が当たり前になった現在、固定観念に縛られずいかに「未来志向」で物事を考えるかが、重要性を増している。

PAGE TOP