[ザ・プロジェクト]

複雑な金融事務を“ルールエンジン”で処理 文書イメージのワークフローで効率化も達成【東京海上日動システムズ】

2010年10月21日(木)

書類の記載漏れや間違い、添付すべき文書の不足に押印忘れ─。法制度も絡む401kの申請処理を効率化するため、東京海上日動システムズは「ルールベース管理システム」を採用。業務品質の均一化と効率化を両立させた。今回はそのシステムの開発担当者に、プロジェクトの全容を聞く。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

佐藤 元紀 氏
佐藤 元紀 氏
東京海上日動システムズ ソリューションプロデューサ 営業・代理店ソリューション本部 マルチチャネルデザイン部
1993年4月、東京海上火災保険に入社。営業を経て2000年7月にIT企画部へ異動し、主に保険代理店のIT活用支援を担当する。2005年8月、東京海上日動システムズへ出向して積立傷害保険システムの開発を手掛ける。翌年6月に401kシステム専任となり、401k関連システムの開発に従事する。2010年6月より現職


酒匂 秀敏 氏
酒匂 秀敏 氏
ブレイズ・コンサルティング 代表取締役
商社で米国製コンピュータ機器の国内OEM販売などを手掛けた後、1991年に人工知能ソフト会社である米ニューロン・データの日本法人を設立。以来、約20年にわたってルールベース管理システム(RBMS)事業に従事している。2002年にブレイズ・コンサルティングを設立し、RBMSを活用した業務システムのコンサルティング事業を展開している


─ 人による判断を支援する「ルールベース管理システム(RBMS)」を活用したシステムを構築したそうですね。RBMSを業務に活用したケースはほとんど聞かないのですが、まずどんな業務のためのシステムかを教えて下さい。

佐藤:当社(本誌注:東京海上日動システムズの親会社である東京海上日動火災保険)が手掛けている確定拠出年金、いわゆる「401k」の事業で利用しています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

複雑な金融事務を“ルールエンジン”で処理 文書イメージのワークフローで効率化も達成【東京海上日動システムズ】書類の記載漏れや間違い、添付すべき文書の不足に押印忘れ─。法制度も絡む401kの申請処理を効率化するため、東京海上日動システムズは「ルールベース管理システム」を採用。業務品質の均一化と効率化を両立させた。今回はそのシステムの開発担当者に、プロジェクトの全容を聞く。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

PAGE TOP