[新製品・サービス]

KEL、自動車、電機・電子、機械部品製造業向けEDIサービス「Human Cloud Service」の提供を開始

2010年10月16日(土)

兼松エレクトロニクス(KEL)は、製造業向けのソリューション体系である「Mono創り」全体最適ソリューションのひとつとして、自動車、電機・電子、機械部品製造業向けにEDIシステムをクラウド型で提供するとともに、顧客企業のEDI運用業務を受託する包括的サービス、「Human Cloud Service(HCS)」を2011年1月1日より提供開始すると発表した。

同社は共有基盤を提携データセンター内に構築し、EDIシステムをサービスとして提供するとともに、従来、顧客企業が行っていたEDI業務を受託して人的運用サービスまでを包括提供するサービスに「Human Cloud Service(HCS)」と名づけ、提供開始した。

また、今後の展開として、グローバル市場へ進出している日系企業向けに、中国成都市の当社現地法人を拠点とした日本語・英語・中国語対応のグローバルEDI/SCMサービス・サポートを、2011年度に提供開始する予定としている。

同社からEDIシステムを導入した企業は、現状稼動中のEDIシステムを、同社の提携データセンターに設置した高可用性仮想サーバー上に移行する。移行されたシステムは、企業のEDI業務規定または当社の標準サービス規定に準拠して、以下のサービスが提供される。

▼運用面

  1. 監視業務(死活、エラー処理、トラップ、プロセス、リソース)
  2. EDIデータハンドリング(IN/OUT確認、データ授受状況監視)
  3. バックアップ(EDIデータバックアップ)
  4. 取引先仕様変更対応(EDIマッピング、EDIデータで生成されるラベル情報など)
  5. 報告業務、定例会によるEDI/SCMに関する業界情報の提供

▼インフラ面

  1. 稼動サーバー、ストレージ等の提供(リソース、保守、バージョンアップ対応)
  2. 基幹システムと接続するネットワークの提供
  3. 取引企業とのネットワークの提供

その他、企業の必要に応じて新サービスやカスタマイズサービスが提供される。また、同社のEDIシステムを導入していない企業でも、インフラのリプレースの際に移行することが可能とされている。

同社は同サービスを、初年度(2011年3月期)に5社との契約、3年で20社との契約を目標とする。


兼松エレクトロニクス
http://www.kel.co.jp/

 

関連記事

KEL、自動車、電機・電子、機械部品製造業向けEDIサービス「Human Cloud Service」の提供を開始兼松エレクトロニクス(KEL)は、製造業向けのソリューション体系である「Mono創り」全体最適ソリューションのひとつとして、自動車、電機・電子、機械部品製造業向けにEDIシステムをクラウド型で提供するとともに、顧客企業のEDI運用業務を受託する包括的サービス、「Human Cloud Service(HCS)」を2011年1月1日より提供開始すると発表した。

PAGE TOP