[新製品・サービス]

サイゼリヤ、グローバル展開に向けた業務改革基盤にオラクルのERPパッケージを採用

2010年10月25日(月)

サイゼリヤと日本オラクルは2010年10月25日、サイゼリヤがグローバル展開を視野にいれた業務改革の基盤として、オラクルのERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」を採用したことを発表した。

サイゼリヤは日本におけるイタリアンレストランチェーンとして国内に約840店舗を展開。高品質ながら低価格での商品提供を目指して製造直販体制を構築し、外食産業の中において製造業並みの生産性の確保、利益率の向上を目指している。今後の海外店舗の急速な出店にともなうグローバル企業としての成長を視野に入れ、世界で通用する業務の標準化が必要な段階になっていた。

サイゼリヤでは従来、国産の業務パッケージや表計算ソフトなどを活用し、財務会計や物流・生産管理などの本社業務を実行してたが、より迅速な経営判断が求められる現在、日次に店舗ごとの粗利捕捉、全国の在庫情報のリアルタイムな数値の把握、および業務の効率化と自動化における課題を認識し、新基幹業務システムの導入を決定した。

「JD Edwards EnterpriseOne」導入プロジェクトは2010年10月より開始、約1年後の2011年9月に新システムの稼働を開始する予定。新システムは原材料購買にはじまり、自社生産を経て店舗販売するまでの製造直販に関わる業務の流れ全体を支援する。これにより、リアルタイムな数値把握による経営判断の迅速化、および業務の流れを可視化することによる各部門の生産性向上が期待される。

サイゼリヤはグローバル対応のERPパッケージに着目し、簡素で短期かつ低コストによる導入を選定の軸として検討。「JD Edwards EnterpriseOne」のグローバル対応や新設拠点への迅速な展開が可能な点を評価し、採用を決定した。同パッケージ選定にあたっては今後必要となる国際会計基準の導入において、日本オラクルに豊富な導入実績があることも重要視した。導入作業は株式会社中本・アンド・アソシエイツが担当する。

「JD Edwards EnterpriseOne」は、単一のIT環境下でオールインワン型ソリューションを求める成長する企業に最適な短期導入が可能な製品ファミリー。必要なモジュール単位で導入しビジネスの進化に合わせてシステム拡張ができ、またプログラミングを必要とせずにカスタマイズや変更ができるため、初期投資が抑えられ最小限のITリソースで保守・運用ができる。特に製造、流通、サービス、建設・不動産などの業種で多くのユーザーに採用されている。


サイゼリヤ
http://www.saizeriya.co.jp

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp

中本・アンド・アソシエイツ
http://www.na21.co.jp


 

関連記事

サイゼリヤ、グローバル展開に向けた業務改革基盤にオラクルのERPパッケージを採用サイゼリヤと日本オラクルは2010年10月25日、サイゼリヤがグローバル展開を視野にいれた業務改革の基盤として、オラクルのERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」を採用したことを発表した。

PAGE TOP