[ユーザー会通信]

レッドハットエンタープライズユーザー会(REUG)レッドハット 第20回

2010年10月27日(水)

安心して使えるオープンソースを目指して 世界に先駆け日本でユーザー会を発足 近年、コスト削減への要求から、企業のITシステムにおいてオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大している。安定性や可用性、技術者不足などの問題が指摘されながらも、導入事例はすでにミッションクリティカルな金融関連の領域にまで及んでいる。代表的なところでは、2010年1月に稼働した東京証券取引所の株式売買システム「arrowhead」も、その基本ソフトウェア(OS)に「Red Hat Enterprise Linux」を採用している。

レッドハットのRed Hat Enterprise LinuxはOSSではあるが、「ソフトウェアのライセンスは無料で、サポートは有料」というモデルで提供されている。他のLinuxディストリビューションとは異なり、営業やサポートを通じてユーザー企業からの声を聞く機会も多い。

そうしたユーザー企業からの声で圧倒的に多かったのが、「具体的な導入、活用事例を知りたい」という要望だ。その声を受け、2009年5月、「レッドハットエンタープライズユーザー会(以下、REUG)」が設立された。

設立時には31社でスタートし、2010年8月現在では53社のユーザー企業が参加。メンバーはCIOや役員クラスも多く、企業のさまざまなIT課題をOSSを活用して解決したいという、明確な目的を持ったユーザーが多いのがREUGの特徴だ。他のOSS系ユーザー会が現場の技術者中心で構成されているのとは趣を大きく異にしている。

会費は無料。すでにレッドハット製品を利用している、もしくはこれから利用しようとしているユーザー企業であることが入会の条件となっている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

レッドハットエンタープライズユーザー会(REUG)レッドハット 第20回安心して使えるオープンソースを目指して 世界に先駆け日本でユーザー会を発足 近年、コスト削減への要求から、企業のITシステムにおいてオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大している。安定性や可用性、技術者不足などの問題が指摘されながらも、導入事例はすでにミッションクリティカルな金融関連の領域にまで及んでいる。代表的なところでは、2010年1月に稼働した東京証券取引所の株式売買システム「arrowhead」も、その基本ソフトウェア(OS)に「Red Hat Enterprise Linux」を採用している。

PAGE TOP