CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

銃・病原菌・鉄(上・下)-ソニーグローバルソリューションズ 李 成蹊氏が選ぶ1冊

2010年10月28日(木)

様々な部門のユーザーと接するIT担当者は、異なる分野におけるニーズを理解するため、柔らかい頭を要求されます。私にとって読書は、いろいろな考え方に触れて視野を広げるための手段。休日の早朝、家族が起きる前の静かな部屋で1人本を読むひとときを大切にしています。蔵書の5割は歴史物かな。傑出した人物がどのように人と接したのかに興味があるんですよ。

銃・病原菌・鉄(上・下)銃・病原菌・鉄(上・下)
ジャレド・ダイヤモンド 著、倉骨 彰 訳
ISBN:978-4794210050
草思社
各1995円

人への興味の延長から、人類史を扱った書籍もよく手にします。まずは、このジャンルから1冊紹介しましょう。

現在、地球上には多種多様な社会や文化が存在します。でも、それらのスタートラインは同じだったはず。原始にさかのぼれば、人類はみな狩猟採集生活を送っていた。ではなぜ人類は、地域によってこれほど異なる発展をしてきたのか。これは、人類史における究極の謎です。「銃・病原菌・鉄」は、この謎を生物学や考古学、文化人類学などの研究成果を駆使して解明する意欲作です。

ユーラシア大陸は、農耕や畜産に有利な地相を備えています。東西に長いため、全域の気候はそう変わらないからです。一方、アメリカやアフリカ大陸は南北に長いですよね。このため、気候や気温の差が激しく、農耕や畜産の技術は伝播しにくかったんです。

こうした違いが、その後の発展形態に大きく影響した。つまり、文明の違いや格差は、人種や民族の優劣でなく、それぞれの地域・環境に適応するための選択の結果だった。著者はそう結論づけます。データを集め、様々な学問を援用しつつ、仮説を実証するプロセスは壮大の一言。その主張の根底にある、偏りのない人類愛に感動しました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

銃・病原菌・鉄(上・下)-ソニーグローバルソリューションズ 李 成蹊氏が選ぶ1冊様々な部門のユーザーと接するIT担当者は、異なる分野におけるニーズを理解するため、柔らかい頭を要求されます。私にとって読書は、いろいろな考え方に触れて視野を広げるための手段。休日の早朝、家族が起きる前の静かな部屋で1人本を読むひとときを大切にしています。蔵書の5割は歴史物かな。傑出した人物がどのように人と接したのかに興味があるんですよ。

PAGE TOP