[新製品・サービス]

管理支援とアプリ配信基盤で、企業のモバイルの活用を促進

2010年11月26日(金)

IIJ GIOスマートモバイルソリューション/インターネットイニシアティブ インターネットイニシアティブ(IIJ)は2010年9月30日、企業を対象にモバイル端末の活用促進を支援する製品・サービス群「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」を発表した。同日に法人向け再販を開始した米アップルのモバイル端末「iPad」と併せ、導入を進める。

「Smart Mobile Manager」は、複数のモバイル端末に対して、端末のロックや設定変更といった操作をWebブラウザ上の管理画面から一括して実行できるサービス。対象はiOS、Android、Windows Mobileを搭載する端末。価格は未定だが、初期費用を数万円、月額料金を1端末あたり300円前後とする予定。2011年3月にも正式提供する。

「Mobile Application Gateway」は、同社のクラウド基盤「IIJ GIO」上の仮想サーバーで米Citrix Systemsのアプリケーション配信製品「XenApp」を運用し、ネットワーク経由で利用可能にするサービス。モバイル端末から利用する社内アプリケーションの稼働基盤としての活用を見込む。価格は同時接続25ユーザーの場合、初期費用が18万5000円から、月額料金が25万8000円から。2010年11月に提供開始。 (鳥越)

関連記事

管理支援とアプリ配信基盤で、企業のモバイルの活用を促進IIJ GIOスマートモバイルソリューション/インターネットイニシアティブ インターネットイニシアティブ(IIJ)は2010年9月30日、企業を対象にモバイル端末の活用促進を支援する製品・サービス群「IIJ GIOスマートモバイルソリューション」を発表した。同日に法人向け再販を開始した米アップルのモバイル端末「iPad」と併せ、導入を進める。

PAGE TOP