[新製品・サービス]

NECと日本オラクル、中規模向け高速インメモリ型データウェアハウス・ソリューションを提供開始

2010年10月30日(土)

日本電気(NEC)と日本オラクルは2010年10月29日、ビジネスインテリジェンス/データウェアハウス(BI/DWH)領域での協業強化として、中規模システム向けに新たなインメモリ型のデータウェアハウス・ソリューションを製品化し、同日より提供を開始すると発表した。

同ソリューションは、日本オラクルの最新データベース「Oracle Database 11g」のインメモリ技術「In-Memory Parallel Execution(インメモリ パラレル エグゼキューション)」およびデータ圧縮技術「Advanced Compression(アドバンスド コンプレッション)」とNECの「Express5800シリーズ」/ストレージ「iStorage Dシリーズ」を組み合わせたもの。高速インメモリデータ処理を実現する、中規模システムに最適なDWHソリューション。

NECのハードウェア上での性能テストや障害テストを、両社共同で日本オラクルの「Oracle GRID Center」において実施し、データサイズに応じた高い性能と高い可用性、拡張性を確認した検証済みの最適構成であり、ユーザーは従来と比べ低コストで性能の高いDWHシステムを構築することが可能となる。

同ソリューションの主な特長は以下のとおり。

  • データ容量に応じた柔軟なラインナップ
    データベースのデータ量に合わせた「500GBモデル」「1TBモデル」「2TBモデル」の3つの構成モデルで、増大するデータ容量にも柔軟に対応。検証済み構成のため、容易な導入を実現。価格は500GBモデルで1335万5,000円(税別)から。
  • 高速化の実現
    最新のCPU、メモリを搭載したNECの「Express5800シリーズ」、および大容量のストレージキャッシュ、ファイバーチャネル(FC)帯域を実装可能な「iStorage Dシリーズ」と、オラクルの「In-Memory Parallel Execution」および「Advanced Compression」を連携。中規模システム向けに最適な、データサイズが2TB以下のDWHを想定した構成で、従来の同等DWH処理における性能を最大14.1倍、平均9.6倍高速化することが確認されている。
  • 高可用性の実現
    オラクルのクラスタリング技術「Oracle Real Application Clusters」を使用することで、高い可用性を確保。

日本電気
http://www.nec.co.jp/

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

 

 

関連記事

NECと日本オラクル、中規模向け高速インメモリ型データウェアハウス・ソリューションを提供開始日本電気(NEC)と日本オラクルは2010年10月29日、ビジネスインテリジェンス/データウェアハウス(BI/DWH)領域での協業強化として、中規模システム向けに新たなインメモリ型のデータウェアハウス・ソリューションを製品化し、同日より提供を開始すると発表した。

PAGE TOP