データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[技術解説]

成功に近づく実践の勘所 (Part03)

2010年11月9日(火)

まずはデータの汚れ具合を直視 仕上げは登録・更新ルールや体制の整備 作業内容が見えない。工数が読めない。何から着手すべきか分からない。データマネジメントの必要性を感じながら、こうした理由で実践に踏み出せていない企業は多いだろう。パート3では、先進企業の取り組みと専門コンサルタントへの取材から浮かび上がってきた、4つの実践ステップとポイントを紹介する。

データマネジメントには完全に自動化できる作業がほとんどない。そのためデータマネジメントを実践しているユーザー企業の情報システム責任者や、それを支援するコンサルタントは「データの品質を上げるのに奇策や秘策はない」と口をそろえる。さらに、「地道にデータを見直し続けることが何より大切だ」とも言う。その言葉を象徴する1つの例が協和発酵キリンの取り組みである。

協和発酵キリンはデータマネジメントの先進企業として知る人ぞ知る存在だ。2004年に生産管理や受発注、会計といった基幹系システムのデータモデルやマスターデータをひと通り整備した。その後も継続してデータ品質の改善に取り組んでおり、2011年には何度めかのデータ整備に臨む予定だ。中山嘉之情報システム部長は「本当は日々データの状態を保つのが理想だが、そればかりやっているわけにはいかない。しかし、(状況をみながら)何年かに1回の割合で必ずデータを整備するようにしている」と話す。

詳しくは次のパート4で紹介するが、卸売業界のジャパン・インフォレックスはデータ整備の専門要員を抱え、毎日、商品データの品質改善活動を続けている。同社の井口泰夫社長は「もう5年めになる。当然、労力もコストもかかるが、やるだけの価値は十分にある」と語る。

現状把握から体制作りまで4ステップで着実な実践を

データマネジメントは一足飛びに社内に根付かせられるわけではない。先進企業の取り組みや専門家の話を総合すると、データマネジメントには大きく4つのステップがある(図3-1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

成功に近づく実践の勘所 (Part03)まずはデータの汚れ具合を直視 仕上げは登録・更新ルールや体制の整備 作業内容が見えない。工数が読めない。何から着手すべきか分からない。データマネジメントの必要性を感じながら、こうした理由で実践に踏み出せていない企業は多いだろう。パート3では、先進企業の取り組みと専門コンサルタントへの取材から浮かび上がってきた、4つの実践ステップとポイントを紹介する。

PAGE TOP