データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

インフォテリア、統合マスターデータ管理「ASTERIA MDM One」の最新版を出荷開始

2010年11月2日(火)

インフォテリアは、複数システムのマスター情報を統合し管理するための統合マスターデータ管理ソリューションである「ASTERIA MDM One」(アステリア・エムディエム・ワン)シリーズの最新バージョン「ASTERIA MDM One MI1.3」と「ASTERIA MDM One MH1.3」の出荷を2010年11月1日から開始した。

ASTERIA MDM One MI 1.3では、従属関係マスターデータの管理が可能となった。これは、製造業での製・商品マスター統合時に要望の高かった機能とのことで、多階層で管理されているマスターデータ(製品情報と工程、部品など)に変更があった場合、一括でデータ変更可能にするもの。それによりシステム構築工数が削減され、ユーザーの操作性の向上も可能になる。

ASTERIA MDM One MI最新バージョンで強化される主な点は以下のとおり。

  • 従属関係マスターデータの管理機能の追加
  • マスターデータ更新履歴
  • Web フォーム設計機能の強化
  • Firefox 3.6対応

また、ASTERIA MDM One MH 1.3では、仮想化環境への対応や処理性能の改善など、導入ユーザーからの要望を中心に機能強化を行ったとのことで、ASTERIA MDM One MH 最新バージョンで強化される主な点は以下のとおり。

  • 処理性能改善(同社比で200%)
  • Citrix XenServer対応
  • VMWare ESX Server対応
  • Microsoft Hyper-V対応
  • Firefox 3.6対応


インフォテリア
http://www.infoteria.com/

関連記事

インフォテリア、統合マスターデータ管理「ASTERIA MDM One」の最新版を出荷開始インフォテリアは、複数システムのマスター情報を統合し管理するための統合マスターデータ管理ソリューションである「ASTERIA MDM One」(アステリア・エムディエム・ワン)シリーズの最新バージョン「ASTERIA MDM One MI1.3」と「ASTERIA MDM One MH1.3」の出荷を2010年11月1日から開始した。

PAGE TOP