[編集部の生産性倍増奮闘記]

「iPhoneに外付けマイク」の巻:第23回

2010年11月4日(木)

iPhoneをICレコーダーの代わりに使うべく、外付けマイクを探す日々。やっと気に入る製品を米国サイトで見つけ、通販でゲットしたのでありました。

代替テキスト=説明文 iPhoneをICレコーダーとして使ってみる

iPhoneに接続する外付けマイクを、この夏あたりから物色していました。iPhoneをICレコーダーとして使おうという魂胆です。取材や記者会見、セミナーの場などでは、後から聞き返すことも想定して音声の記録を録ることにしています。これまではICレコーダー専用機を使っていたのですが、うっかり自宅に忘れたり、携行していてもバッテリー切れをおこしていたりすることもしばしば。iPhoneなら、怠りなく日々フル充電し、常に身に付けていることが習慣化しているので、ICレコーダーとしての用途にはバッチリなのです。

もちろん、iPhoneの内蔵マイクと標準の「ボイスメモ」アプリでもいいわけなんですが、内蔵マイクは広い部屋などシチュエーションによっては音を十分に拾わないような気がして、感度のよい外付けマイクが欲しくなったのです。自宅を探すと、ICレコーダー専用機向けの外付けマイクや、ビデオカメラに装着するための外付けマイクなどが出てきました。しかし、iPhoneが備えるプラグは3.5mmの「4極」(ステレオ音声の左右各1、マイク1、グラウンド1)なので、形は合っても、どうやらそのままでは流用できないみたい。というわけで、iPhone用に設計された外付けマイクを探してみることにしました。

代替テキスト=説明文 写真1 これがMityMic。ウインドスクリーンは必須ではないが、ぐんと存在感が増す

家電量販店やネットショップを見てみると、いくつかのモデルが見つかりました。経口薬のカプセルを少し大きくしたような、小型でスリムなデザインのものがほとんどのようです。しかし、自分としては、もっと存在感があって、取材の場などで堂々と「録音してますよ」とアピールできるような製品が望ましい…。そう思って、さらにネットを探っていると、米国のTouchMic.comというサイトで「MityMic」なる製品を発見! L字型のデザインといい、ウインドスクリーンを装着できる仕様といい、かなり好みの線です。日本国内で扱っている業者がないものか調べてみたのですが、うまく見つからなかったので、TouchMic.comのオンライン通販でポチっとやってしまいました。商品代金34ドルに、送料等の15ドルを加えて、49ドルのお買い物です。

10月10日にオーダーし、自宅に届いたのは10月21日のことでした。さっそく開梱して使ってみることに。使い方といっても、iphoneのプラグにマイクを差し込むだけです。ただし、Apple iPhone 4 Bumperなど、厚みのあるケースを装着したままでは端子が奥まで刺さらず機能しないので注意が必要です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「iPhoneに外付けマイク」の巻:第23回iPhoneをICレコーダーの代わりに使うべく、外付けマイクを探す日々。やっと気に入る製品を米国サイトで見つけ、通販でゲットしたのでありました。

PAGE TOP