[新製品・サービス]

ソフトブレーン、SFAの「eセールスマネージャーRemix Cloud Revision2」を販売

2010年11月5日(金)

ソフトブレーンは2010年11月4日、営業支援システム(SFA)の最新版「e セールスマネージャーRemix Cloud Revision2」の販売を開始したことを発表した。基本のプロセスマネージメント機能強化に加え、顧客マネージメント、人脈マネージメント機能の強化を行ったほか、営業BI強化、スマートフォン対応、国際化対応第一弾も実施している。

価格(税別)は、Cloud版が1ユーザーあたり1万1,000 円/月、オンプレミス版が13万5,000円/1 ライセンス。

今回の同システムの改善、追加機能など強化点は以下のとおり。

■プロセスマネージメント機能の強化

  • ネクストアクション機能
    営業スタッフが日々の業務報告をする際、進捗によってやらなければならないこと(ネクストアクション)を自動で「To Do」リストに登録したり、メールを送信するほか、デッドライン設定も自動で同時に行える。たとえば、「顧客課題の明確化」という進捗を登録した場合、自動でデッドラインが3 日後に設定された「上司同行のアポイント設定」という「To Do」が担当者のスケジュールに登録され、メールが送信される。
  • ワークフロー、見積もり機能
    営業プロセスの中で欠かせない見積書作成と、それに伴い発生する申請や承認などのワークフロー機能を追加。会社名や売上予定金額などがエクセルの見積もりテンプレートに自動的に挿入される。管理者は、金額変更の修正を勝手にできないようにしたり、申請ルートも設定できる。
  • 管理画面の改修
    管理者が主に使う設定手順、プロセスに沿って機能を表示することで、管理者の業務効率化を支援する。

■顧客マネージメント機能の強化

  • 階層化管理機能
    顧客企業のグループ、法人、事業所など5 階層まで紐づけて管理できるようになり、顧客企業グループのどこに営業をしてどういった進捗状況にあるのかを把握することで、横展開の営業、顧客情報管理、代理店の管理が可能になり、確実な営業活動を支援する。

■人脈マネージメント機能の強化

  • Web申込み自動登録機能
    ウェブからの問い合わせやセミナー申し込みなどの個人情報を自動に「e セールスマネージャーRemix Cloud」に取り込むことが可能で、一時保存場所で確認後、取り込むフローに改善することで精度の高い情報登録が可能となり、名刺登録者の負担軽減が期待できる。
  • 携帯名刺画像取り込み機能
    携帯電話のカメラで撮影した画像を同システムに送信し、個人情報に紐づけて保存することができ、名刺登録者は、その画像データを見ながら登録できる。

そのほか、営業BI機能強化では、昨年度と今年度の予算実績の対比を表示し、トレンド分析が可能となっている。また、スマートフォン対応ではiPhone、アンドロイド携帯へ対応、国際化対応では第一弾として、英語版、中国語版が完成した。同社では英語版、中国版の販売開始に伴い、まずは中国展開を強化し東アジアを中心にグローバル化を狙っていく。


ソフトブレーン
http://www.softbrain.co.jp/

関連記事

ソフトブレーン、SFAの「eセールスマネージャーRemix Cloud Revision2」を販売ソフトブレーンは2010年11月4日、営業支援システム(SFA)の最新版「e セールスマネージャーRemix Cloud Revision2」の販売を開始したことを発表した。基本のプロセスマネージメント機能強化に加え、顧客マネージメント、人脈マネージメント機能の強化を行ったほか、営業BI強化、スマートフォン対応、国際化対応第一弾も実施している。

PAGE TOP