[新製品・サービス]

CTC、DWHアプライアンス「Netezza」によるDWHのクラウドサービスを開始

2010年11月5日(金)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2010年11月5日、大量データの分析基盤として、データウェアハウス(DWH)のクラウドサービス「cloudage(クラウデージ)データウェアハウス」を2011年1月より提供すると発表した。価格は初期費用90万円、月額50万円から。

同社によれば、経営状況を可視化し、顧客の購買行動や特性などを経営戦略に活かすBI(Business Intelligence)システムの導入に際しては、分析基盤となるDWHシステムの構築や、導入後のチューニングが必要となることなどから、手間も費用もかかるのが現状で、初期投資を低く抑えたい企業やスモールスタートを始めたい企業を中心に、DWHのクラウドサービス化が求められている。

今回、CTCが開始するcloudageデータウェアハウスは、DWH分野で実績のあるネティーザ社のNetezza DWHアプライアンス(Netezza TwinFin)をエンジンとして採用するもので、CTCが所有するデータセンター内にシステムを構築し、PaaS(Platform as a Service)としてサービスを提供する。

Netezza TwinFinは、Netezzaの第4世代のアプライアンスであり、標準技術を採用し、データベース、サーバー、ストレージを管理しやすい単一システムに統合、PB(ペタバイト)規模の大量なデータ分析も迅速に処理可能。同サービスで採用予定であるNetezza TwinFin向けのアップグレード・ソフトウェアの最新リリース6.0は、TwinFin/Skimmerのパフォーマンス・拡張性のほか、ワークロード管理など各種機能が強化され、さらに同リリースには高度分析を可能とするソフトウェア・プラットフォーム「i-Class(アイクラス)」が含まれる。

Netezza DWH アプライアンスは、ほとんどチューニングをせずにデータロードや、集計処理において一般のRDBMSに比べて10倍~100倍という高いパフォーマンスを得られる特徴があるという。同サービスでは、1つの筐体を複数企業で共有することにより、サービスを安価に提供可能で、スモールスタートだけでなく、購入前のサイジング調査や効果検証、開発環境等にも利用できるとのこと。

また、通常DWHシステムの導入には発注から約1カ月程度の期間が必要になるが、同サービスでは申し込み後、ネットワーク関連の設定を行うだけで、すぐに分析業務に利用可能となる。

CTCでは、cloudageデータウェアハウスを将来的に、DWHアプライアンスだけでなく、BIツールのクラウドサービス化や、業界/業態ごとの分析支援サービスの提供にも検討しており、将来的にはBI/DWH領域のサービスをすべてクラウドで提供する予定にしている。


日本ネティーザ
http://www.netezza.co.jp/

伊藤忠テクノソリューションズ
http://www.ctc-g.co.jp/

関連記事

CTC、DWHアプライアンス「Netezza」によるDWHのクラウドサービスを開始伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2010年11月5日、大量データの分析基盤として、データウェアハウス(DWH)のクラウドサービス「cloudage(クラウデージ)データウェアハウス」を2011年1月より提供すると発表した。価格は初期費用90万円、月額50万円から。

PAGE TOP