[新製品・サービス]

NTTデータ、クラウドサービス「BizXaaS」に新たにCRMメニューを追加

2010年11月9日(火)

NTTデータは2010年11月8日、エンタープライズ向けパブリッククラウド「BizXaaS(ビズエクサース)プラットフォームサービス」の新たなラインナップとして、CRMメニューの提供を開始すると発表した。CRM(Customer Relationship Management)とは、企業が顧客(見込み客を含む)と長期的かつ相互に利益のある関係を築く手法のことで、同メニューは、顧客情報の管理や、マーケティング機能、営業支援機能などCRMの基本機能をプログラム構築なしですぐに利用できる環境を提供するものである。

「BizXaaSプラットフォームサービス」は、すぐに利用できるSaaS型アプリケーションと、それらをカスタマイズするツールや環境を、高可用で信頼性の高い国内のデータセンターからオンデマンドで提供するサービスである。そしてCRMメニューは、他システムとのデータ連携を容易にする「マッシュアップ」ツールを標準装備しており、顧客の既存システムや、BizXaaSプラットフォームサービスの他メニューと連携して、「マーケティング・オートメーション」(顧客情報分析、マーケティング、販売、顧客対応プロセスを一貫して連携・自動化し、リアルタイムに顧客に適した情報を届ける仕組み)を実現できるサービスである。

CRMメニューの特徴は次のとおり。

■複数の他システムとの連携を容易に構築可能
標準で提供される「マッシュアップ」ツールを使用することで、複数の他システムからのデータソースを取り込み、必要な情報を条件抽出・統合する処理を、ユーザーがプログラムを書くことなく、視覚的に構築できる。また、任意のオブジェクト追加やデータ項目の追加変更など既存機能の拡張や新規機能追加も「アプリケーションビルダー」ツールを使用し、ドラッグ&ドロップやポイント&クリック等の操作で実現できる。

■BizXaaSプラットフォームサービスの他メニューとの連携提供
BizXaaSプラットフォームサービスの他メニューと連携して利用できる。例えば、エリアマーケティングコンテンツ配信サービスの「MaDoRE」やポイントサービス「SmarP」との連携により、企業情報等の外部データやポイント会員データをマーケティングのデータソースとして活用できる。さらに、販売管理・生産管理・会計、コンタクトセンターメニューとの連携で、マーケティングから販売、商品発送、在庫管理、納品、請求・回収、保守サポートまでの一連のバリューチェーンをワンストップで実現できる。

ユーザーメリットとして次の点があげられる。

  1. マーケティングや営業対象の増加 : 収集したマーケティングデータが分散していたため、見込み客のデータソースとして今まで充分に活用できていなかったEコマースやWeb広告等の複数チャネルから、必要な情報のみ選別して取り込むことで、マーケティングや営業活動のデータとして活用することができる。
  2. 戦略に合わせて継続拡張 : 導入後も顧客自身で拡張できるため、企業戦略等に合わせてシステムを変更し、戦略の仮説をトライ&エラーで迅速に効果測定することができる。そのため、激変するマーケット環境にも対応していくことが可能である。
  3. 低コストでカスタマイズ・移行 : プログラミングレスでカスタマイズできるため、短期間・低コストで顧客独自のCRMを実現できる。また、現行使っているCRMシステムからのデータ取込みも低コストで行える。

【活用モデル事例】:マーケティング・オートメーション(MA)

MaDoREのマーケティングコンテンツやSmarP、Web広告や口コミサイト等の複数チャネルで収集するデータから必要な見込み客を自動で取り込んだ上で、各見込み顧客の特性に応じたマーケティング活動・販売・顧客対応をシームレスかつ自動的に実施し、効果的なマーケティング活動を実施することができる。効果は次のとおり。

  • セグメントに応じたマーケティング活動を行うことで、高い費用対効果が得られる。
  • 顧客の振舞いに応じた迅速なフォロー(営業対応、コールセンターでのフォローアップ等)で、売上確度を向上できる。
  • リードタイムや営業サイクルの短縮により、取組みの効果を迅速に把握できる。


BizXaaSプラットフォームサービス
http://www.ps.nttdcloud.jp/

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/index.html

関連記事

NTTデータ、クラウドサービス「BizXaaS」に新たにCRMメニューを追加NTTデータは2010年11月8日、エンタープライズ向けパブリッククラウド「BizXaaS(ビズエクサース)プラットフォームサービス」の新たなラインナップとして、CRMメニューの提供を開始すると発表した。CRM(Customer Relationship Management)とは、企業が顧客(見込み客を含む)と長期的かつ相互に利益のある関係を築く手法のことで、同メニューは、顧客情報の管理や、マーケティング機能、営業支援機能などCRMの基本機能をプログラム構築なしですぐに利用できる環境を提供するものである。

PAGE TOP