開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Paoが帳票作成ツールの新版「Reports.net Ver 5.0」、Java版を無償に

2010年11月9日(火)

パオ・アット・オフィス(Pao@Office)は2010年11月9日、.NET Framework環境で利用できる帳票作成ツールの新版「Reports.net Ver 5.0」を出荷した。今回からJava版「Reports.jar」を無償にするなど、ライセンス体系を変更した。価格は、デザイナとエンジンそれぞれの1開発ライセンスを含んで4万9980円(税込)。

Reports.netは、帳票作成ソフトである。帳票を作成するデザイナ・ソフトと、作成した帳票にデータを流し込んでPDFまたはSVG形式の帳票データを生成するエンジン・ソフトで構成する。.NET Framework環境で動作する。別途、Java版のエンジン「Reports.jar」を用意しており、Javaと.NET間で帳票データを連携させたシステムを構築できる。

今回、新たにライセンス形態を変更した。これまではデザイナとエンジンの開発ライセンスを単体で販売していたが、今回からセット販売のみとした(ランタイム・ライセンスは無償)。また、Java版のReports.jarを無償とした。

機能面では、処理速度を高めた。例えば、旧版と比べて、バーコード描画速度を1/9に短縮した。データ圧縮方法を見直し、帳票データの圧縮時(PDFおよびSVGZ)や、Webサービス連携時のデータ転送時に、旧版と比べてデータ・サイズを1/10にした。また、ファイル出力に加えて、PDFをストリーム出力する機能を追加した。

稼働環境は以下の通り。稼働OSは、Windows 2000/XP/Vista/7、Windows Server 2003/2008。.NET Frameworkのバージョンは1.1/2.0/3.0/3.5/4.0で、開発環境(IDE)はVisual Studio 2003/2005/2008/2010。それぞれ、.NET FrameworkとVisual Studioのバージョンごとに別製品を提供する(下位互換性あり)。開発言語は、VB.NET、C#、C++、J++、J#。

関連記事

Paoが帳票作成ツールの新版「Reports.net Ver 5.0」、Java版を無償にパオ・アット・オフィス(Pao@Office)は2010年11月9日、.NET Framework環境で利用できる帳票作成ツールの新版「Reports.net Ver 5.0」を出荷した。今回からJava版「Reports.jar」を無償にするなど、ライセンス体系を変更した。価格は、デザイナとエンジンそれぞれの1開発ライセンスを含んで4万9980円(税込)。

PAGE TOP