[新製品・サービス]

NTTデータ、省電力・低排熱の垂直統合型サーバ「Lindacloud」を発表

2010年11月10日(水)

NTTデータは2010年11月9日、垂直統合型サーバ「Lindacloud(リンダクラウド)」の本格販売を同日より開始すると発表した。「Lindacloud」は、省電力・低排熱の独自ハードウエアに、用途に応じたソフトウエアを組み合わせたハードウエア・ソフトウエア一体型の製品である。

「Lindacloud」の開発は2009年6月から開始され、同社内外にてデモンストレーションを繰り返し、商品化試験を行っていた。2010年4月からは社内システムや、システム開発環境としてフィールド試験を続け、今回の本格販売に至っている。

「Lindacloud」の特徴は次のとおり。

  1. ソフトウエアプリインストールのため導入後すぐに利用可能
    目的に合ったソフトウエアをプリインストールして提供されるため環境構築にかかる工期を格段に圧縮、設置後すぐに利用可能である。
  2. 低排熱・省電力でエコ
    効率のよい部品を組み合わせることで静音・低排熱を実現、専用マシンルームに設置せず事務環境への設置が可能である。
  3. 拡張性、耐故障性
    故障時には予備機に切り替わりサービスを継続できる(予備機標準装備)。また、規模や処理の増加に応じてスケールアウトが可能。

「Lindacloud」の製品シリーズおよび価格は次のとおり。

大量データ処理基盤「Lindacloud for Hadoop」は、800万円~。
NASサーバ基盤「Lindacloud for NAS」は、300万円~。
シンクライアント基盤「Lindacloud for ThinClient」は、600万円~。
(別途、設置工事費、導入調整費等が必要)


「Lindacloud for Hadoop」
http://www.lindacloud.com/Hadoop/Hadoop.html

「Lindacloud for NAS」
http://www.lindacloud.com/NAS/NAS.html

「Lindacloud for ThinClient」
http://www.lindacloud.com/ThinClient/ThinClient.html

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/index.html

関連記事

NTTデータ、省電力・低排熱の垂直統合型サーバ「Lindacloud」を発表NTTデータは2010年11月9日、垂直統合型サーバ「Lindacloud(リンダクラウド)」の本格販売を同日より開始すると発表した。「Lindacloud」は、省電力・低排熱の独自ハードウエアに、用途に応じたソフトウエアを組み合わせたハードウエア・ソフトウエア一体型の製品である。

PAGE TOP