[新製品・サービス]

MPT、VMware専用 PCoIP対応「ゼロクライアント」端末「Wyse P20」販売

2010年11月10日(水)

エム・ピー・テクノロジーズ(以下、MPT)は2010年11月9日、シンクライアントの“グローバルリーダー 米Wyse Technology Inc.(以下、ワイズテクノロジー)が、VMwareと相互協力して開発した、ヴイエムウェア専用の次世代シンクライアントである「ゼロクライアント」端末「Wyse P20」の国内販売を開始すると発表した。「Wyse P20」は、「VMware View」を幅広くサポートし、3次元グラフィックスなどの画像処理にも対応する、PCoIPプロトコルに対応したゼロクライアントである。

PCoIPは、高性能なPCまたはワークステーションが必要とされるハイエンドユーザ向けアプリケーション環境に対して、デスクトップ仮想化を実現するメリットをもたらす。ワイズテクノロジーは、そのPCoIP技術を採用し、CAD/CAM、3D立体モデリング、ビデオ編集、リッチ・メディアなど、ハイエンドなアプリケーションユーザのために「Wyse P20」を開発。ハードウェアPCoIPエンジンに基づくゼロクライアントは、ローカルOSを必要とせず、高レベルの表示性能を実現する。

「Wyse P20」は、クライアント端末に組み込まれた小さなファームウェアにより、ユーザーはVMware View 4xまたは他のPCoIPホストに接続できる。クライアント端末は、WindowsやLinuxなどの一般的なローカル・オペレーティング・システムを必要としないため、展開が容易で、ローカルのアンチウィルス保護は必要なく、管理の手間も最小に抑えられる。また、デバイスにはローカル・ストレージがないため、非常にセキュアで、ウィルス対策にも優れている。

「Wyse P20」は、次の2つの構成でPCoIPサポートを提供する。

【ハードウェア・クライアント - ソフトウェア・ホスト】
Wyse P20が、VMware View 4xおよびPCoIPホストの仮想デスクトップと接続。
【ハードウェア・クライアント - ハードウェア・ホスト】
Wyse P20が、PCoIPホスト・カードを持つバックエンド・サーバーと接続。

「Wyse P20」の特徴は次のとおり。

■ 優れたユーザーエクスペリエンス

  • PCoIPプロトコル技術の使用により、すべてのITリソースをデータ・センターに集約することが可能。
  • ネットワークを通じたデータ伝送によるセキュリティ・リスクを伴わずに、各自のデスクで、どこでも妥協のないユーザーエクスペリエンスを実現。
  • 高解像度3DグラフィックスやCADアプリケーションをサーバーで実行可能な高性能デュアル・ディスプレイをサポート。

■ 管理の容易性

  • PCoIPホスト・カードまたはサーバーからネットワークを通じて伝送されたビデオ信号をビデオ/メディア・フォーマットに関係なくデコード。
  • 企業向けデスクトップの整備、管理、保守における課題を解決。

■ 豊富な周辺機器サポート

  • 4つのUSB周辺機器ポート。
  • 2つのシングルリンクDVI-Iコネクタ。最大1920 x 1200のデュアル・ディスプレイをサポート。
  • 完全なドライバレス、そしてステートレスなデバイス。
  • HDオーディオ、ヘッドフォン、マイクロフォンサポート。


Wyseシンクライアント
http://www.mptech.co.jp/solution/wyse.html

エム・ピー・テクノロジーズ
http://www.mptech.co.jp/

関連記事

MPT、VMware専用 PCoIP対応「ゼロクライアント」端末「Wyse P20」販売エム・ピー・テクノロジーズ(以下、MPT)は2010年11月9日、シンクライアントの“グローバルリーダー 米Wyse Technology Inc.(以下、ワイズテクノロジー)が、VMwareと相互協力して開発した、ヴイエムウェア専用の次世代シンクライアントである「ゼロクライアント」端末「Wyse P20」の国内販売を開始すると発表した。「Wyse P20」は、「VMware View」を幅広くサポートし、3次元グラフィックスなどの画像処理にも対応する、PCoIPプロトコルに対応したゼロクライアントである。

PAGE TOP