[新製品・サービス]

ライトウェル、IBMの「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」を採用

2010年11月11日(木)

日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)は2010年11月10日、ライトウェルが、基本的なクラウド管理に必要なソフトウェアを全てパッケージ化した「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」を採用し、プライベート・クラウド環境を構築すると発表した。「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」の国内での導入は、ライトウェルが初めてとなる。

ライトウェルは、経営環境の変化への即応とIT投資の最適化を目的に、社内システムと複数のSIプロジェクト開発環境を、今回構築するプライベート・クラウド環境に集約し、2010年12月より順次利用を開始する。また今後、社内で運用しながら検証とノウハウの蓄積を行い、将来的には、プライベート・クラウドのシステム設計・構築・運用設計サービスを顧客に提供する予定であるとしている。

プライベート・クラウド環境に採用された「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」は、プロビジョニングの自動化や、課金に利用するデータ管理、サーバーの電力監視といった、基本的なクラウド管理に必要なソフトウェア9個をパッケージ化した製品である。クラウド管理機能を一つのパッケージとして提供することで、社内にある既存環境を利用し、従来と比較して半分の構築期間で、プライベート・クラウド環境を構築することができる。また、個別の要件に合わせて、UNIXサーバーやx86サーバーなどの複数プラットフォームを柔軟に組み合わせたリソース・プールを設計・管理することもできる。

また今回のクラウド環境の構成では、幅広いアプリケーションに対応できるよう、UNIX環境、Linux環境およびWindows環境を提供する。サーバーには、浮動小数点演算において世界最速の汎用プロセッサー「POWER7」を搭載した「IBM Power740 Express」およびコスト・パフォーマンスとエネルギー効率に優れたx86ブレード・サーバー「IBM BladeCenter HS22」が採用された。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

関連記事

ライトウェル、IBMの「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」を採用日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)は2010年11月10日、ライトウェルが、基本的なクラウド管理に必要なソフトウェアを全てパッケージ化した「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」を採用し、プライベート・クラウド環境を構築すると発表した。「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」の国内での導入は、ライトウェルが初めてとなる。

PAGE TOP