[新製品・サービス]

日立、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」を強化して販売開始

2010年11月16日(火)

日立製作所は2010年11月15日、同社のPCサーバ製品、日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」を強化し、2010年11月16日から販売を開始すると発表した。

新製品においては、2プロセッサーモデル「HA8000/RS220」に最上位のデュアルプロセッサーであるインテルXeonプロセッサーX5680と、冷媒の気化熱を利用し効率的なプロセッサー冷却が可能な「サーモサイフォン冷却機構」を採用。また、フラッシュメモリを利用し高速なデータアクセスが可能なソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の搭載モデルを従来の「HA8000/RS220」に加え、4プロセッサーモデル「HA8000/RS440」と2プロセッサーモデル「HA8000/RS210、TS20」に拡大する。

さらに、RAIDを制御する基盤であるRAIDボードの機能を拡充し、SSDを利用したシステムのデータ参照速度を高速化するFastPath機能やCacheCade機能などをオプション機能として追加する。

これらにより、データベース処理やサーバ仮想化機能を利用した高集約なシステム環境など、高信頼・高性能が求められるシステムの処理性能を向上し、かつ運用コストの削減を実現する。

また、「HA8000/RS220、RS210、TS20」に、ユーザーが設定する上限値に応じ消費電力を制御できる「動的パワーキャッピング機能」を追加し、ポリシーに応じた電力利用を可能とした。また「HA8000/RS440、RS220、RS210」に、低電圧メモリや電力損失が少ない200V電源などの省電力部品を採用し、システム全体の消費電力の削減を実現する。

新製品の価格(税別)は、最下位モデル「HA8000/SS10」が12万2000円より。各製品とも2010年11月30日より出荷開始される。


日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

 

関連記事

日立、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」を強化して販売開始日立製作所は2010年11月15日、同社のPCサーバ製品、日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」を強化し、2010年11月16日から販売を開始すると発表した。

PAGE TOP