[新製品・サービス]

アシスト、「WebFOCUS」の新バージョン7.7を発表

2010年11月17日(水)

アシストは2010年11月16日、全社規模での情報活用基盤を実現するBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders, Inc.)の新バージョン7.7を発表した。新バージョンの提供は来春を予定する。

「WebFOCUS」は、専門家から現場の業務担当者に至るまで全社規模で幅広く情報を活用するための仕組み「オペレーショナルBI」を実現する。また、低コストで大規模展開が可能なCPU単位のライセンス体系や優れた操作性により、顧客、取引先、一般市民などを対象とした外部向けサービスの提供も可能。

アシストは、この「WebFOCUS」を基盤とし外部向けにサービスを提供する情報活用の形を「カスタマーダイレクトBI」と名付け、企業力向上や顧客満足度向上に貢献する活用方法として顧客企業に積極的に提案する。

新発表のバージョン7.7では、従来開発者によるコーディングが必要だった半定型レポートが、新機能「ガイド付レポート」により自動的に作成可能となった。開発者は、表示/集計項目、ソート項目、ドリルダウン指定、出力形式といった条件を指定するだけでユーザに対し迅速にサービスを提供でき、ユーザ自身も自由な分析が可能となる。また、データのソート項目数やジョイン数が大幅に拡大され、柔軟なデータ分析が可能になった。パワーユーザ向けのレポート作成機能「インフォアシスト」には「インフォミニフォーマット」が追加され、インフォアシストのリボンインタフェース上で必要な機能だけを表示させ自由検索が行えるだけでなく、スライス機能を付加して簡単に条件検索が行える。さらに、レポート配信機能の性能向上、負荷分散機能の追加など、企業内外での情報活用基盤として必要な機能が強化されている。

同製品の販売価格(税別)は、141万円~(最小構成:25指名ユーザーより)、774万円~(ユーザ数無制限ライセンス)。


アシスト
http://www.ashisuto.co.jp/

 

関連記事

アシスト、「WebFOCUS」の新バージョン7.7を発表アシストは2010年11月16日、全社規模での情報活用基盤を実現するBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders, Inc.)の新バージョン7.7を発表した。新バージョンの提供は来春を予定する。

PAGE TOP