[株価から見るIT企業の強みと弱み]

M&A、研究開発で“Converged Infrastructure”を強化【HPQ(ヒューレット・パッカード)】

2010年11月24日(水)

毎日のようにIT企業のM&Aが話題になる米国。その中でも毎回と言っていいほど登場するのがヒューレット・パッカード(以下、HP)だ。なぜHPは企業買収に積極的に取り組むのか、それが今後どう同社の業績を押し上げていくのだろうか。同社の業績および株価とあわせて追ってみよう。

HPの事業構成

HPといえば、サーバーやPC、プリンタなどのメーカーというイメージが強いかも知れない。しかし今や同社はサービスからソフトウェアまでカバーする総合的なIT企業である。その売上構成は、図1に示すように(1)サービス、(2)ソフトウェア、(3)企業向けストレージ&サーバー事業(ESS)、(4)コンシューマPC事業(PSG)、(5)プリンタ事業(IPG)、(6)HPファイナンシャルサービス(HPFS)から成り立つ。

図1 HP売上高構成および営業利益率推移
図1 HP売上高構成および営業利益率推移(単位:百万USドル、%)

09年10月期の同社の売上高は、1141.7億ドル(1ドル85円換算で9.7兆円)であり、米IBMの957.5億ドル(09年12月期)を若干上回る、世界最大のコンピュータメーカーである。ただし営業利益では経営資源を企業向けに絞り込むIBM(同170.1億ドル)が、HP(同101.3億ドル)を上回る。

だからといってHPよりIBMの事業モデルが優れているとは、一概には言えない。例えばHPのプリンタ事業(IPG部門)の営業利益率は18%に達する(09年10月期実績)。高い利益率の源泉は単にプリンタの販売以上に、インクやトナーによる。一方でプリンタが売れれば、印刷をするためのPCが売れるというシナジー効果も見込める。今やコモディティ化したPC販売(PSG部門、営業利益率は4.7%)に好影響をもたらすわけだ。プリンタに限らず消費者向け、企業向けすべてにおいて、トータルにITソリューションを提供できる点がHPの強みと言えるだろう。

HP主要ニュース
2010年9月 セキュリティ・ソフトウェアメーカー アークサイトを買収
2010年8月 仮想化ストレージベンダー 3PARを買収
2010年8月 セキュリティ・ソフトウェアメーカー フォーティファイ・ソフトウェアを買収
2010年4月 モバイル・ソフトウェアメーカー Palmを買収
2009年11月 ネットワーク製品メーカー 3Comを買収
2008年8月 ITアウトソーシング大手 EDSを買収

HPのビジョン“Converged Infrastructure”

幅広い事業領域を統括するビジョンも明解だ。“Converged Infrastructure”がそれで、マーク・ハード前CEOはこう説明していた。“Traditional technology silos such as servers, storage, networking, and software will begin to converge into infrastructure that is optimized to meet customer need”(サーバ、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアといった古くから存在する技術を顧客のニーズに最適化したインフラに集約する、2009年HP年次報告書より)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
株価から見るIT企業の強みと弱み一覧へ
関連記事

M&A、研究開発で“Converged Infrastructure”を強化【HPQ(ヒューレット・パッカード)】毎日のようにIT企業のM&Aが話題になる米国。その中でも毎回と言っていいほど登場するのがヒューレット・パッカード(以下、HP)だ。なぜHPは企業買収に積極的に取り組むのか、それが今後どう同社の業績を押し上げていくのだろうか。同社の業績および株価とあわせて追ってみよう。

PAGE TOP