アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

スカイアークが企業向けCMS新版、一元管理ダッシュボードからほとんどの操作を可能に

2010年11月24日(水)

 スカイアークシステムは、Webコンテンツ管理ソフト(CMS)の新版「MTCMS 5.23」を2010年11月30日に出荷する。新たに、ダッシュボード画面を強化し、ファイルのアップロードを容易にするなど、運用管理機能を高めた。価格は、シングル・サーバー構成で84万円(税込)など。

MTCMSは、Webコンテンツ管理ソフト。専門知識を必要とせずにWebコンテンツの登録・更新・管理ができるようにする。企業の需要に合わせて、コンテンツの一括登録や承認ワークフローなどの機能を提供する。稼働に必要な前提ソフトとして、シックス・アパートのブログ構築ソフト「Movable Type」とのセット・パッケージとして販売する。

今回の新版では、サイト全体を俯瞰して一元管理する「サイトマップダッシュボード」機能を強化した。同ダッシュボードのインタフェースは、ツリー状に階層表示したフォルダやページにマウスを合わせることで、それらに対するアクションを起こすというもの。これを強化し、フォルダの作成やファイルのアップロードなどを含む、ほとんどの操作を可能にした。

新版ではまた、ページ編集画面で排他制御を可能にしたほか、管理画面のデザインを、独自のCSSを適用するなど、カスタマイズできるようにした。

写真1 MTCMS 5.23のサイトマップダッシュボード画面
写真1 MTCMS 5.23のサイトマップダッシュボード画面
関連記事

スカイアークが企業向けCMS新版、一元管理ダッシュボードからほとんどの操作を可能に スカイアークシステムは、Webコンテンツ管理ソフト(CMS)の新版「MTCMS 5.23」を2010年11月30日に出荷する。新たに、ダッシュボード画面を強化し、ファイルのアップロードを容易にするなど、運用管理機能を高めた。価格は、シングル・サーバー構成で84万円(税込)など。

PAGE TOP