[新製品・サービス]

日本ラッド、スケール可能なクラウドサービス「Osukiniクラウド」を提供

2010年11月25日(木)

日本ラッドは2010年11月24日、「SaaSes」ブランドで提供するサービスで、スケール可能なクラウドサービス「Osukiniクラウド」の販売を開始すると発表した。同社は、当初IaaS(Infrastructure as a Service)環境を提供するクラウドサービスを展開し、今後PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)の分野への拡大展開を予定している。

日本ラッドでは、排熱型データセンター等の独自技術や自社開発のIaaS(Infrastructure as a Service)環境を活用し、「SaaSes」ブランドでホスティングサービス、仮想化環境構築サービスなどを提供している。それらの技術、サービスを踏まえ、大企業から中小企業に向けて、もっと手軽に導入できるクラウド環境の提供を目指し、「Omakase Server」「ソラ箱」(Windows版・iPhone版)に続く第三弾「Osukiniクラウド」を販売する。

「Osukiniクラウド」の主な特徴は次のとおり。

  1. 圧倒的コストパフォーマンス
    初期費用無料、基本構成(1VCPU/メモリ1GB、HDD80GB)で月額1000円から利用できる。
    高スペック構成(CPU/メモリ:4VCPU/4GB+HDD:320GB)の価格例は、基本構成費(1000円)+4800円+2700円で、合計8500円。
     
  2. オンデマンド
    オンデマンドサービスにより、顧客の利用状況に合わせたクラウドサービスの利用が可能になり、最短5分以内での提供が可能である。さらに24時間365日いつでも顧客が利用したいタイミングでコントロールパネルにて設定が可能。これにより、業務に支障きたすことなく常に最適のパフォーマンスでサービスを利用できる。


SaaSes
http://www.saases.jp/

日本ラッド
http://www.nippon-rad.co.jp/

関連記事

日本ラッド、スケール可能なクラウドサービス「Osukiniクラウド」を提供日本ラッドは2010年11月24日、「SaaSes」ブランドで提供するサービスで、スケール可能なクラウドサービス「Osukiniクラウド」の販売を開始すると発表した。同社は、当初IaaS(Infrastructure as a Service)環境を提供するクラウドサービスを展開し、今後PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)の分野への拡大展開を予定している。

PAGE TOP