[海外動向]

【IOD2010(IBM)】情報の正確性や鮮度に目を向け、意思決定の精度を高める

2010年11月29日(月)

ペタバイト規模から知見を得る鍵は リアルタイム性とデータ品質の追求 10月下旬、IBM、Teradata、SAPの年次カンファレンスが立て続けに米国で開催された。企業が蓄積し得る膨大なデータ群から、競争力につながる知見をいかに速やかに得るか─。その解を追求するのが各カンファレンスに共通するテーマだ。

レポート1. Information On Demand 2010/Business Analytics Forum

2010年10月24日〜28日 米ラスベガス/IBM

瓦解した成長戦略を立て直すきっかけを皆が模索していた1年前とは様子が違う。一過性のキーワードに踊ることもない。世界のITトレンドの潮目は「模索から実践」へと明らかに変わりつつある。2010年10月24日〜28日、米ラスベガスで開催された米IBMの「Information On Demand(IOD)2010」では、グランドオープニングを含む各種セッションの随所に、そのことが表れた。

IODは、InfoSphereをはじめとする同社の情報管理製品ブランド「Information Management」の年次カンファレンスである。5年めとなる今回は、Cognosなどビジネスアナリティクス分野の年次カンファレンス「Business Analytics Forum」を併催。世界中から集まった1万人超の参加者が情報活用の本質に迫った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【IOD2010(IBM)】情報の正確性や鮮度に目を向け、意思決定の精度を高めるペタバイト規模から知見を得る鍵は リアルタイム性とデータ品質の追求 10月下旬、IBM、Teradata、SAPの年次カンファレンスが立て続けに米国で開催された。企業が蓄積し得る膨大なデータ群から、競争力につながる知見をいかに速やかに得るか─。その解を追求するのが各カンファレンスに共通するテーマだ。

PAGE TOP