開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Pao@Officeがバーコード生成ソフトにActiveX版、Excelでバーコードを生成可能

2010年11月30日(火)

パオ・アット・オフィス(Pao@Office)は2010年11月30日、ExcelやWordなどのOfficeソフトを使ってバー・コードを作成できるツール「Barcode.Office Ver 1.0」を出荷した。ActiveXコントロール(COMコンポーネント)として実装したソフトウエア部品である。価格は、2940円(税込み)。

Barcode.Officeは、ActiveXコントロールとして実装した、バーコード生成用のソフトウエア部品である。Excelで作った帳票など、ActiveXコントロールを貼り付けて連携できるWindowsアプリケーションに対して、バーコード生成機能を追加できる。Microsoft Officeのほか、多くのWindowsアプリケーションで利用できる。

Pao@Officeでは、これまで、ほかのプラットフォーム用にバーコード生成部品を提供してきた。2002年10月からは.NET Framework用のクラス・ライブラリ「Barcode.net」、2006年7月からはJavaのクラス・ライブラリ「Barcode.jar」を出荷している。今回新たにActiveXコントロール版を製品ラインに追加し、開発者ではないユーザーが簡単にバーコードを使えるようにした。

稼働OSは、Windows 2000/XP/Vista/7。動作を保証するOfficeはOffice 2003/2007/2010。

生成可能なバーコードは、以下の通り。

  • JAN13(EAN13)
  • JAN8(EAN8)
  • ITF Interleaved 2of5
  • Matrix 2of5
  • NEC 2of5(COOP 2of5)
  • NW7(Codebar)
  • CODE39
  • CODE128
  • UCC/EAN128
  • 郵便カスタマバーコード
  • QRコード
写真1 Barcode.Officeを貼り付けたExcel画面
写真1 Barcode.Officeを貼り付けたExcel画面
関連記事

Pao@Officeがバーコード生成ソフトにActiveX版、Excelでバーコードを生成可能パオ・アット・オフィス(Pao@Office)は2010年11月30日、ExcelやWordなどのOfficeソフトを使ってバー・コードを作成できるツール「Barcode.Office Ver 1.0」を出荷した。ActiveXコントロール(COMコンポーネント)として実装したソフトウエア部品である。価格は、2940円(税込み)。

PAGE TOP