[青木顕子のスウェーデンIT通信]

iPadはクリスマス商戦に間に合うか?(Vol.03)

2010年12月1日(水)

北欧の国スェーデンのIT事情をレポートする本コラム。今回は、エンタープライズ分野として大手ITメディア記事に見るERPの最新事情を、そしてコンシューマ分野としてiPadの話題を取り上げてみよう。

■スウェーデンのERP事情

現在、スウェーデンで流通するビジネスアプリケーションには、どのようなものがあるか。いわゆるERPパッケージとしてくくられる主要な製品を列挙してみると、Agresso(UNIT4)、Epicor(Epicor Software)、IFS Applications(IFS)、Lawson M3(Lawson Software)、Microsoft Dynamics(Microsoft)、Monitor ERP(Monitor Industriutveckling)、NetSuite OneWorld(NetSuite)、Oracle E-Business Suite(Oracle)、SAP ERP(SAP)、Visma Software(Visma)など、20以上ある。

Gartner Group、EMA、OvumといったグローバルなIT調査会社も多く存在する中、今回はスウェーデン国内でビジネス誌やIT誌の分野で目立つ存在、Exidoのレポートに注目してみよう。同社は、スウェーデンのみならず、ノルウェーやデンマーク、フィンランドに拠点を置く、北欧マーケット専門のアナリスト集団だ。そのExidoが今秋、国内最大のITメディアであるComputer Swedenの「ITトレンドスペシャル」に発表した記事が目にとまったので、内容の概略を以下に紹介しよう。


不況がニッチプレイヤーを後押し

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
青木顕子のスウェーデンIT通信一覧へ
関連記事

iPadはクリスマス商戦に間に合うか?(Vol.03)北欧の国スェーデンのIT事情をレポートする本コラム。今回は、エンタープライズ分野として大手ITメディア記事に見るERPの最新事情を、そしてコンシューマ分野としてiPadの話題を取り上げてみよう。

PAGE TOP