[インタビュー]

「独自のやり方でストレージの信頼性と省電力を追求」、米Nexsan幹部

2010年12月7日(火)

インプレスビジネスメディアは2010年12月7日、来日した米Nexsan Technologies幹部2人に、ミッドレンジ・ストレージに求められる機能と市場性を聞いた。

米Nexsan Technologiesは、ラックマウント型のミッドレンジ級SANストレージを手がける、1999年設立の新興ストレージ・ベンダーである。特徴として、高さ4Uに42ドライブを実装する高密度実装、ディスク・ドライブの振動低減やストレス試験による信頼性、細かい制御が可能な独自の省電力機構、などがある。

主力製品は、「SATABeast」(SATAドライブ)と、「SASBeast」(SAS/SATAドライブ)。いずれも、ホスト接続インタフェースはFC(Fibre Channel)およびiSCSI。日本オフィスによる参考価格は、SATABeastが最小構成(2Tバイト×14)で574万円(税別)、SASBeastが最小構成(300Gバイト×14)で630万円(税別)。

2011年第1四半期には、SATABeastとSASBeast向けの外部拡張ユニットとして、高さ4Uに60ドライブを収容する高密度SAS接続アレイ「NXS-B60E」などを発表する(製品はすでにパイロット出荷済み)。

インプレスビジネスメディアは2010年12月7日、来日した同社幹部2人に、ミッドレンジ・ストレージに求められる機能と市場性を聞いた。CTO(最高技術責任者)を務めるGary Watson氏と、APACおよび中東エリアのセールス担当VPを務めるGregg Pugmire氏である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「独自のやり方でストレージの信頼性と省電力を追求」、米Nexsan幹部インプレスビジネスメディアは2010年12月7日、来日した米Nexsan Technologies幹部2人に、ミッドレンジ・ストレージに求められる機能と市場性を聞いた。

PAGE TOP