[製品サーベイ]

エンドユーザーに意識させずにディスク全体を暗号化 持ち歩くノートPCの情報漏えい対策として脚光

2010年12月13日(月)

ハードディスク暗号化ソフト 自由に持ち運びできる機動性がウリのノートPC。だが、情報漏えい防止の観点から持ち出しを禁じる企業が少なくない。リスク低減と生産性向上をどう両立させるか。その解の1つとなるのが、ノートPCのハードディスクを丸ごと暗号化する専用ソフトだ。

「当社のコンサルタントは、顧客企業に出向く機会が多い。外出先でもノートPCを常に使える環境を用意しなければ仕事にならない」─。世界で約1000人規模のコンサルタントを擁する米ガートナーでCIO(最高情報責任者)を務めるダーコ・ヘリック氏は、こう話す。

とはいえ、ノートPCの盗難や紛失に伴う情報漏洩リスクに対処しなければならないのは国内外を問わず、いずれの企業も同じだ。ここで、かたくなに持ち出しを禁じるのではなく、セキュリティ上のリスク低減と、モバイルならではの機動性を両立する策を検討するのが、これからの企業のあり方として重要になる。

解決を図る有力な手段の1つとして、にわかに注目を集めているのが、PC内のハードディスクを丸ごと暗号化する「HDD暗号化ソフト」だ。前出のガートナーも、全コンサルタントに支給するノートPCすべてに、HDDの暗号化を施しているという。

[HDD暗号化ソフトのメリット] 「自動的に」HDD全体を保護

HDD暗号化ソフトは、データだけを対象とするのではなく、OSなどのシステム領域も含めてHDDを丸ごと暗号化するのが特徴だ。普及し始めたソリッドステートドライブ(SSD)でももちろん利用できる。クライアントPCに導入する常駐アプリケーションが常に「自動的に」暗号化処理するため、ユーザーが特別な操作をする必要がない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

エンドユーザーに意識させずにディスク全体を暗号化 持ち歩くノートPCの情報漏えい対策として脚光ハードディスク暗号化ソフト 自由に持ち運びできる機動性がウリのノートPC。だが、情報漏えい防止の観点から持ち出しを禁じる企業が少なくない。リスク低減と生産性向上をどう両立させるか。その解の1つとなるのが、ノートPCのハードディスクを丸ごと暗号化する専用ソフトだ。

PAGE TOP