コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立情報システムズ、クラウド型のFAXサーバーソリューション「IfesMate」を開始

2010年12月14日(火)

日立情報システムズ(日立情報)は、クラウド型のFAX サーバソリューション「IfesMate(アイフェスメイト)」を、2010年12月13日より提供開始した。

FAX サーバーの機能を申し込みから最短5 営業日で利用可能なIfesMateは、同社によれば以下のような特徴を持つ。

  • 他社のクラウド型FAX サービスの多くは、ダイレクトメールや受発注一括受け付けなど大量の送受信を想定した利用方法が主流だが、IfesMateでは各種業務で利用されることを想定し、機能の充実を図っている。
  • 特に、承認機能、データ保存、権限ロールなどのセキュリティ機能により、情報漏えいや誤送信など、FAX での送受信に関わるリスクを抱えている企業向けとなっている。
  • 送受信の履歴が自動でデータベースに登録されるため、過去に送受信したFAX の検索・確認が容易で、コンプライアンス強化や業務効率向上を図れる。
  • 従量制によるクラウドサービスであり、FAX の利用量が急増した場合でも、回線やサーバーの増強を意識することなく利用できる。

IfesMateの主な機能は以下のとおり。

  1. FAX送受信機能
    Microsoft Excel、Microsoft Word、Adobe PDF のファイルをIfesMateのWeb 画面へアップすることにより、指定した宛先にFAX を送信できる。また、取引先等のFAX 機から送られたデータは、IFesMateの受信機能でPDF 形式に変換され、Web で内容を閲覧できる。FAX 受信時には、設定された担当者に受信メールが配信されるためリアルタイムで確認でき、受け取り漏れも防止可能。さらに、PDF 編集機能により、受信したFAX を印刷することなく、原稿に追記して送信相手に返信することも可能。
  2. 承認フロー機能
    FAX送信の際に、事前に設定された承認権限者の承認がなければ送信できないため、誤送信を抑止でき、情報漏えい防止が可能になる。
  3. データ保存機能
    送受信を行ったFAX データは、一定期間Web 内で観覧することが可能。また、一定期間を超えるデータもDVD-R に保存し、セキュリティ配送サービスを利用して受け取ることが可能(オプションサービス)。

<「IfesMate」の価格(税別)>

  • 初期費用:10万円~
  • 月額費用:15万円/1法人あたり
  • 利用ユーザーID:400 円/同システムにアクセスするユーザーID
  • FAX 番号利用料:2,000 円/同システムで利用設定する番号ごとの課金
  • 送信単価:33円
  • 受信単価:6円


日立情報システムズ
http://www.hitachijoho.com/

関連記事

日立情報システムズ、クラウド型のFAXサーバーソリューション「IfesMate」を開始日立情報システムズ(日立情報)は、クラウド型のFAX サーバソリューション「IfesMate(アイフェスメイト)」を、2010年12月13日より提供開始した。

PAGE TOP