[編集部の生産性倍増奮闘記]

「高速テキスト入力専用機」の巻:第26回

2010年12月15日(水)

ノートPCよりも持ち運びが楽で、テキストを高速に入力できるマシンがほしい…。そこで入手したのがキングジムの「ポメラ」です。さてさて、その使い勝手はいかに。

記者会見の場でメモをとったり、通勤電車の中でちょっとした文章を書いたりするのに、以前はノートPCを使っていました。私の所有しているThinkPadは1.4kgほどあるものの、慣れてしまえば常にバッグに入れて持ち歩いてもさして気にならず。ところが今年の夏、中臀筋の肉離れをきっかけに腰を痛めてしまい、途端にその重さが負担に感じるようになってしまったのです。バッグをリュックタイプに替えるなどの工夫で凌いでたのですが、やはり中身を少しでも軽くしたい…。

その点、iPad(もしくはiPhone)のメモアプリ+Bluetoothキーボードという組み合わせはなかなか快適。カフェでくつろぎながら短めの文章を書くようなシーンでは、実用的に使えるまでに慣れました。でも、このスタイルも万能とはいかず。記者会見やセミナーの場で、登壇者の発言内容を片っ端から入力するような用途では(私のスキルが未熟ということもあり)スピードが追いつかない。ミスタッチしたり、変換~確定の操作に手間取ったりして、もどかしい思いをします。

写真1 外出先での文章作成における3態。Windows7に載せ替えたThinkPad X61(左)、iPadとアップル純正Bluetooth Keyboard(中)、iPhone4とiGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboard(右)

写真1 外出先での文章作成における3態。Windows7に載せ替えたThinkPad X61(左)、iPadとアップル純正Bluetooth Keyboard(中)、iPhone4とiGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboard(右)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「高速テキスト入力専用機」の巻:第26回ノートPCよりも持ち運びが楽で、テキストを高速に入力できるマシンがほしい…。そこで入手したのがキングジムの「ポメラ」です。さてさて、その使い勝手はいかに。

PAGE TOP