[新製品・サービス]

EMCジャパン、重複除外の分散処理が可能なバックアップソフト「NetWorker 7.6 SP1」

2010年12月16日(木)

EMCジャパンは2010年12月15日、重複除外分散処理ソフトウェア・オプション「EMC Data Domain Boost」(DD Boost)と統合した新バックアップ・ソフトウェア「NetWorker 7.6 SP1」を発表した。

新ソフトウェアの特徴は以下のとおり。

  • 「NetWorker」のストレージノードと「DD Boost」との統合によるメリット
    • バックアップ性能の向上:データ重複除外を、NetWorkerとData Domainで分散処理することができ、バックアップ全体のスループットが最大2倍に向上可能。
    • シンプルなレプリケーション管理:NetWorker管理コンソールにより、データ・レプリケーション・ソフトウェア・オプション「EMC Data Domain Replicator」の管理ができ、本番稼働サイトのバックアップや、災害対策サイトへのレプリケーションのスケジューリングと管理が可能になる。また、異なる保存期間の設定にも対応。
    • シンプルな設定と監視:ウィザードを用いた検出と構成の自動化により、Data Domainシステムを容易に設定可能。また、NetWorker管理コンソールから、Data Domainのステータス監視や、重複除外率のレポートが可能となり、システム管理も合理化される。
  • NetWorkerの新機能
    • キャパシティ・ライセンスの導入:「NetWorker 7.6 SP1」より導入されたキャパシティ・ライセンスは、バックアップ対象マシンの保護対象データ容量に応じたNetWorkerのライセンスであり、このライセンスを導入することにより、ほとんどすべてのNetWorkerのオプションとモジュールを無制限に使用できる。NetWorkerで社内システムのバックアップを統合する際に、さまざまな環境に対応するために必要なNetWorkerオプションとモジュールのライセンスが不要になり、導入時のライセンス費用を削減することが可能。また、購入時のプロセスが簡素化され、NetWorkerを継続的に使用する際の管理工数が軽減される。
    • 容易になったデータ複製:NetWorker管理コンソールを通して設定やスケジューリングが可能となり、スクリプトを書く必要がなくなる。
    • チェックポイント・リスタート:バックアップが中断した場合、処理の再開は最初からではなく、中断した地点から開始することができる。

「EMC NetWorker 7.6 SP1」の価格は115万円から(キャパシティ1TBライセンス、税込み)。


EMCジャパン
http://japan.emc.com/

関連記事

EMCジャパン、重複除外の分散処理が可能なバックアップソフト「NetWorker 7.6 SP1」EMCジャパンは2010年12月15日、重複除外分散処理ソフトウェア・オプション「EMC Data Domain Boost」(DD Boost)と統合した新バックアップ・ソフトウェア「NetWorker 7.6 SP1」を発表した。

PAGE TOP