[海外動向]

【Dreamforce 2010】クラウド版データベースに話題集中 Force.comは開発環境のオープン化に注力

2011年1月5日(水)

米セールスフォース・ドットコムは2010年12月6〜9日、年次イベント「Dreamforce 2010」を開催した。8回目を迎える今年は約3万人が参加。会場となった米サンフランシスコのモスコニーセンターにはユーザーのほか、パートナーや開発者も詰めかけ、新たなサービスラインナップや開発環境の機能強化など本イベントに合わせて発表された情報の収集に奔走していた。

2010年12月6日〜9日
米サンフランシスコ/salesforce.com

基調講演
コンシューマの動向を吸収

7日に行われた基調講演には、同社の会長兼CEOであるマーク・ベニオフ氏が登壇。約1万5000人の聴衆を前に、企業向けクラウドサービスが転換期を迎えていることを説いた。

1つは、TwitterやFacebookなどコンシューマ向けソーシャルメディアで培われた情報発信/共有のスタイルを取り入れる必要性が高まってきたこと。もう1つはスマートフォンの普及を機に、場所を選ばずに使えるサービスが望まれていること。「従来の“早い”“安い”だけでなく、新たなニーズを洗練された形で実装したクラウドが不可欠だ」とし、常にこうした声に耳を傾けながらサービスを強化していることを強調した。

同じく基調講演の壇上に立った米シマンテックのエンリケ・セーラムCEOもベニオフ氏に同意。「IT部門はコンシューマ向けサービスのトレンドに背を向けるのではなく、柔らかい発想で取り入れていくことが、結果的に他社との差異化につながる」(同氏)と会場に訴えた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【Dreamforce 2010】クラウド版データベースに話題集中 Force.comは開発環境のオープン化に注力米セールスフォース・ドットコムは2010年12月6〜9日、年次イベント「Dreamforce 2010」を開催した。8回目を迎える今年は約3万人が参加。会場となった米サンフランシスコのモスコニーセンターにはユーザーのほか、パートナーや開発者も詰めかけ、新たなサービスラインナップや開発環境の機能強化など本イベントに合わせて発表された情報の収集に奔走していた。

PAGE TOP