開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[市場動向]

基幹系アプリケーション“特急開発”ツールの進化系

2011年1月11日(火)

開発期間の劇的短縮を目指す 広く流通しているパッケージソフトやサービスでは、どうやっても適合しない。戦略的で独自色の濃い業務を支えるためには、手づくりするしかない─。パッケージソフト全盛の今もそんなアプリケーションは多い。昨今、そうした企業の強い味方になっているのが、“特急開発”を売りにするノンコーディング型の統合開発環境だ。かつてRADとも呼ばれたツールや方法論は時を経て成熟。うまく使いこなせば、思い通りの機能を短期間で実装でき、維持運用にかかるコストも抑えられる。再び光を放ち始めた開発環境の新潮流を紹介する。 [栗原 雅/鳥越 武史]

関連記事

基幹系アプリケーション“特急開発”ツールの進化系開発期間の劇的短縮を目指す 広く流通しているパッケージソフトやサービスでは、どうやっても適合しない。戦略的で独自色の濃い業務を支えるためには、手づくりするしかない─。パッケージソフト全盛の今もそんなアプリケーションは多い。昨今、そうした企業の強い味方になっているのが、“特急開発”を売りにするノンコーディング型の統合開発環境だ。かつてRADとも呼ばれたツールや方法論は時を経て成熟。うまく使いこなせば、思い通りの機能を短期間で実装でき、維持運用にかかるコストも抑えられる。再び光を放ち始めた開発環境の新潮流を紹介する。 [栗原 雅/鳥越 武史]

PAGE TOP