開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[技術解説]

推論技術などを生かし開発を自動化 (Part 3)

2011年1月18日(火)

推論技術などを応用し 開発生産性を劇的に向上 データやルールの設定だけで、プログラムやソースコードをほぼ100%自動生成する—。 積年の夢をかなえるような開発ツールに注目が集まっている。 代表的なSapiensとGeneXusに焦点を当て、その実態を見てみよう。

“特急開発ツール”に対するユーザー企業やシステムインテグレータの注目が高まっている。ウルグアイのアルテッチが開発する「GeneXus」を国内販売するジェネクサス・ジャパンが2010年12月7日に開催したセミナー「GeneXus Day 2010 Winter」には、ユーザー企業の情報システム担当者やシステムインテグレータなど約450人が参加し会場は満席。イスラエルのサピエンス・インターナショナルが開発する「Sapiens」についても同様で、Sapiensの導入を手がける日本コンピュータシステムの田口 晋副事業部長は、「2010年以降、ユーザー企業からツールを名指しした提案依頼が増えてきた」という。

これらのツールが注目される理由の1つは、開発生産性の高さだ。SapiensやGeneXusはプログラミング自動化などで開発効率を向上させようとするCASEツールやRADツールの進化形にあたり、開発者が介在すべき作業を可能な限り絞り込んでいる。例えば業務ロジックを記述していく際に推論エンジンを使って、例外処理を自動生成したり、実行順序を自動判別するといった機能を備える。これらによって「開発者は、“本筋”となるロジックの記述に専念できる」(ジェネクサス・ジャパンの川西 誠セールスプロモーション マネージャー)。

注目を集めるもう1つの理由は、実行環境を移行しやすいことだ。両ツールは、業務で発生するデータや、業務ルールを規定するロジック、画面や帳票などのユーザーインタフェース(UI)といったアプリケーションの設計情報を明確に定義し、とりまとめていくことが開発作業の中心となる。開発者が規定した設計情報は、両者ともに「知識ベース」と呼んでいる。

知識ベースはプログラム言語やDBMSに依存しないよう考慮されており、OSのバージョンアップやDBMSの変更などでアプリケーションの稼働環境が変わっても、新しい環境にほぼそのまま移行できる。「まず実行環境ありきで幾多の制限を意識しながら開発を進めるという、従来からのスタイルと決別できる」(GeneXusを利用した東洋大学の人事管理システムの刷新プロジェクトを手がける、元東京大学特任教授で情報科学研究所代表の内山 東平氏)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

推論技術などを生かし開発を自動化 (Part 3)推論技術などを応用し 開発生産性を劇的に向上 データやルールの設定だけで、プログラムやソースコードをほぼ100%自動生成する—。 積年の夢をかなえるような開発ツールに注目が集まっている。 代表的なSapiensとGeneXusに焦点を当て、その実態を見てみよう。

PAGE TOP