[青木顕子のスウェーデンIT通信]

初代IT大臣にかかる期待(Vol.04)

2011年1月7日(金)

ここスウェーデンの内閣に、「IT担当大臣」が誕生したのは昨年のこと。重責を担うアナ・カリン ハット女史のプロフィール、そして今、どんな施策を講じようとしているのかを紹介しよう。

スウェーデンのIT政策は従来、インフラストラクチャー大臣(国土交通大臣)の管轄下にあった。しかし、昨年の新内閣発足時に初のIT大臣が誕生した。アナ・カリン ハット氏である。新年最初の本稿では、この若きIT大臣の横顔を紹介しよう。

【Anna-Karin Hatt(アナ・カリン ハット)氏のプロフィール】
中央党所属の38歳。1972年スウェーデン南部スモーランド地方に生まれる。政治に熱心な母親に育てられ、ヨーテボリ大学で政治学・国際関係学を学んだ。青少年時代から政治活動に邁進するも、一度は心身ともに憔悴して政治の世界から退く。 その後、PR会社の副社長、教育機関の社長を経て、2004年に、モード・オーロフソン産業・エネルギー大臣の交渉責任者として政治の中心舞台へカムバックした。10年にわたりハット氏を傍でみてきたオーロフソン氏は、彼女の優れたバランス感覚と交渉力を高く評価する。

就任演説でハット氏の挙げた具体的な目標は以下の通りだ。10年以内に各項の環境を整えることを目指している。

◆重度の学習障害を抱えた児童が、情報収集・編集作業がクラスいち得意となり得る環境(スクール・コンピュータの普及)
◆インターネットで医師を自由に選べ、テスト結果や治療記録を、病院へ出向かなくてもインターネットで確認ができる環境(プライベートな医療サービス)
◆自分で料理を作れる状態にない高齢の女性が、タッチスクリーンを使ってその日食べたいランチを選び、人としての尊厳を保てる環境(老人福祉への利用)
◆より多くの業務を自宅から可能とし、時間、お金、環境面でプラスとなる環境(ホームオフィスの推進)
◆スマートホーム(家庭内の全ての電気機器をネットワークで一元管理できる住居)に住むことで、電力消費を低減する環境(環境への貢献)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
青木顕子のスウェーデンIT通信一覧へ
関連記事

初代IT大臣にかかる期待(Vol.04)ここスウェーデンの内閣に、「IT担当大臣」が誕生したのは昨年のこと。重責を担うアナ・カリン ハット女史のプロフィール、そして今、どんな施策を講じようとしているのかを紹介しよう。

PAGE TOP