[GDO、社内システム 刷新への道]

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part8—オフショア、2度目の正直

2011年1月17日(月)

2010年10月、G10プロジェクトは開発フェーズに入った。8月に完成させた基本設計をもとに、販売・在庫管理、会計・予算管理、EC、ワークフロー、会員管理、顧客管理、コールセンター、BIの各システムを詳細設計し、開発、システム内結合テストを実施する。

このうち、SAP ERPを利用する販売・在庫管理、会計システムのアドオン(追加開発)部分は、中国でのオフショア開発を実施した。

実は、GDOはオフショア開発に失敗した過去を持つ。2006年、業務システム刷新に挑んだときのことだ。このプロジェクトでは、オフショア開発業者と直接契約。要件定義までを日本国内(オンサイト)で済ませ、詳細設計と開発をその業者の海外拠点で実施する計画だった。ところが、オフショア先から上がってきた詳細設計を見て、メンバーは青ざめた。一見すると要件を満たしているようでいて、細かいレベルでは実際の業務と大きく乖離していた。結局、プロジェクトは頓挫した。

最大の原因は「日本語の要件を英語に翻訳して、オフショア先に詳細設計を任せたこと」(リテールビジネスユニット事業戦略部の木村暁部長)だった。要件に従ってプログラムの動作やデータフローを決める詳細設計フェーズでは、様々な前後関係を考慮した判断が発生するが、こうした判断には誤解や余計な推測を生まない要件定義書と、要件を定めた背景となる文化や商習慣を理解が必要だ。「日本で生まれ育った人なら10人中10人が“右”を選ぶ分岐を、海外エンジニアは“左”に進んでもおかしくない」(木村部長)。そうしたズレが集積して、全体が全く見当違いの方向に進んでしまったわけだ。

そんな“トラウマ”があるオフショア開発に再び踏み切ったのは、G10プロジェクト全体を支援するアビームから「開発リスクをきっちりコントロールするので、ぜひやりたい」という要望を受けたからだ。もちろん、同じ失敗は繰り返せない。前回の教訓を生かし、詳細設計までを国内で実施。設計のレベルにも徹底してこだわった。オフショア先には、設計内容を忠実にコーディングするよう要請した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
GDO、社内システム 刷新への道一覧へ
関連記事

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part8—オフショア、2度目の正直2010年10月、G10プロジェクトは開発フェーズに入った。8月に完成させた基本設計をもとに、販売・在庫管理、会計・予算管理、EC、ワークフロー、会員管理、顧客管理、コールセンター、BIの各システムを詳細設計し、開発、システム内結合テストを実施する。

PAGE TOP