[製品サーベイ]

“つぶやき”ベースの情報共有基盤を社内に 業務システムやWebサイトとの連携も

2011年1月19日(水)

社内向けマイクロブログ 利用者が急増するTwitter。その自然体での情報発信&共有の姿に倣い、企業の情報共有基盤として使う「社内マイクロブログ」が登場し始めた。シンプルな使い勝手を追求する一方、業務システムやインターネット上の情報も集約するなど、各種の工夫が見られる。

Twitterで日々「つぶやき」を発信している読者も少なくないのではないだろうか。最長でも140文字という、ごく短いメッセージを投稿。その人に関心を示す人(フォロワー)が内容を読んで近況を知り、時にはそれにコメントを返す…。緩やかで気構えないスタイルが、とりあえず何か書こうとする「意欲」や知人の言動を気にかける「興味」につながって、場が活性化すると共に人と人とのつながりが親密なものになっていく。

大規模導入事例も登場
社内活性化の手段として重視

Twitterに代表されるマイクロブログのこうした特性に注目し、企業内のコミュニケーションツールとして提供しようという動きが出てきた。メールや電子掲示板に伴いがちな“堅苦しさ”を取り払い、社員の結束力を高める上で欠かせない「自然体での情報共有」を促すことが狙いだ。

ただし企業が業務の一環で利用するとなれば、コンシューマ向けのパブリックなWebサービスをそのまま使うわけにはいかない。セキュリティやユーザー管理などの面で「関係者限定」で運用することが条件となる。そうした機能を備えるのが「企業向けマイクロブログ」製品である。

導入事例もある。デルは全世界の従業員10万人に対してセールルフォース・ドットコムの「Salesforce Chatter」を採用し、社内の情報共有体制を強化している真っ只中だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

“つぶやき”ベースの情報共有基盤を社内に 業務システムやWebサイトとの連携も社内向けマイクロブログ 利用者が急増するTwitter。その自然体での情報発信&共有の姿に倣い、企業の情報共有基盤として使う「社内マイクロブログ」が登場し始めた。シンプルな使い勝手を追求する一方、業務システムやインターネット上の情報も集約するなど、各種の工夫が見られる。

PAGE TOP