[Gartner’s Eye]

IT運用管理プロセスを自動化し、ビジネス変化の速さに備えるRBA

2011年1月24日(月)

急速に変化するビジネス環境の変化に即応するためには、システムを迅速かつ確実に配備できる仕組みや体制の確立が不可欠だ。そのための基盤技術として仮想化技術に注目が集まるが、物理環境に比べて障害個所や原因の特定が困難という課題を抱える。こうしたなか、IT運用管理プロセスを自動化する「ランブック自動化:Run Book Automation(RBA)」の重要性が増している。

仮想化技術の進展により、1台の物理サーバー上で複数の仮想サーバーを稼働させられる環境が整ってきた。だが実際のシステムの数が減るわけではない。集約度が高まり、動的な環境になればなるほど、人手での運用は難しくなる。

サーバー仮想化ソフトなどのインフラ管理製品には運用自動化機能が実装されつつあるが、ストレージやネットワークなど、他のシステム構成要素を含めた管理や、運用プロセスの統合的な自動化ができないのが現状だ。そこで注目を集めているのが、IT運用管理に関するプロセスを自動化する「ランブック自動化(RBA)」である。

運用保守に関する定型業務のワークフローを自動化

RBAを一言で言うと、従来のワークフローツールに、既存の様々なIT運用管理ツール/機能との連携機能を組み入れた、IT運用管理自動化の仕組みを実現するテクノロジである。サーバーやストレージの設定、バックアップなどを対象とする様々な管理ツールの持つ機能を必要に応じて呼び出し、運用管理プロセスの実行を自動化する。

仮想サーバーのプロビジョニングを例に採り、RBAによるプロセス自動化の仕組みを説明しよう。ユーザーがセルフサービスポータルから、使用したい仮想サーバーのリソースやOSの種類などを入力すると、変更管理システムに要求内容を送信。変更管理者が承認すると、ストレージ管理システムを呼び出して必要な容量を確保。次にサーバー管理システムを呼び出し、仮想マシンの立ち上げやキッティングを完了させる、といった具合だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Gartner’s Eye一覧へ
関連記事

IT運用管理プロセスを自動化し、ビジネス変化の速さに備えるRBA急速に変化するビジネス環境の変化に即応するためには、システムを迅速かつ確実に配備できる仕組みや体制の確立が不可欠だ。そのための基盤技術として仮想化技術に注目が集まるが、物理環境に比べて障害個所や原因の特定が困難という課題を抱える。こうしたなか、IT運用管理プロセスを自動化する「ランブック自動化:Run Book Automation(RBA)」の重要性が増している。

PAGE TOP