リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本ユニシス、信用金庫向け「ITガバナンス支援サービス」を提供開始

2011年1月22日(土)

日本ユニシスは2011年1月21日、信用金庫におけるIT投資の全体最適化を実現するための「ITガバナンス支援サービス」の提供を開始すると発表した。同社は、勘定系システムに加えてサブシステムの管理、統制を推進することで、信用金庫におけるさらなるIT投資の低減、全体最適化を支援するとしている。

日本ユニシスは信用金庫向け次世代勘定系システム「SBI21(エス・ビー・アイ21)」を、単独自営型、共同アウトソーシング型など各金庫のニーズに合わせた柔軟な運営形態でサービス提供することにより、信用金庫におけるIT投資の低減を支援してきた。

しかし信用金庫では、勘定系システムに加えて、本部・各部で利用するサブシステムが数多く稼働している。サブシステムに関しては、各部門主体でシステムを導入しているケースも多く、金庫全体としての統制が取れていない場合も多い。また、サブシステムの分析、管理を試みている金庫でも、時間や要員の不足、業務の優先度などの理由から、金庫全体としての継続的な管理手順として根付きにくいという状況もある。

■「ITガバナンス支援サービス」

日本ユニシスでは、信用金庫における現状を踏まえ、システム全体最適化に向けたサブシステムの分析、管理手順の標準パターンを作成し、専門のコンサルタントによる支援サービスの提供を開始する。

「ITガバナンス支援サービス」により、信用金庫向けシステムにおける日本ユニシスの長年の経験から得たノウハウにより、金庫内のエンドユーザおよび管理部門にとってできるだけ少ない負荷で簡易的にサブシステムの有効性を分析、管理することで、信用金庫が継続的にサブシステムまで含めたITガバナンスの推進、IT投資最適化を行えるよう支援する。

同サービスはまず、日本ユニシスが運営するアウトソーシングセンター加盟金庫を対象に提供開始し、順次他の信用金庫への提供拡大を目指す。そして、信用金庫間でのサブシステムの共通化/共同化の検討、さらに日本ユニシスが提供するICTクラウドサービス化の検討支援も視野に入れたサービスとして提供する。

また同サービスは、対象がサブシステムであることから、SBI21導入金庫に限らず他の勘定系システムを利用している信用金庫への適用も可能なため、他ベンダーシステム利用金庫への拡大も視野に入れてサービスを拡大させていくとしている。


SBI21
http://www.unisys.co.jp/sbi21/

日本ユニシス
http://www.unisys.co.jp/

関連記事

日本ユニシス、信用金庫向け「ITガバナンス支援サービス」を提供開始日本ユニシスは2011年1月21日、信用金庫におけるIT投資の全体最適化を実現するための「ITガバナンス支援サービス」の提供を開始すると発表した。同社は、勘定系システムに加えてサブシステムの管理、統制を推進することで、信用金庫におけるさらなるIT投資の低減、全体最適化を支援するとしている。

PAGE TOP