コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

サイボウズ総研とライフネス、「ガルーンSaaS テレワークアシストサービス」を共同で開発

2011年1月27日(木)

サイボウズ総合研究所とライフネスは2011年1月26日、クラウド型グループウェア「サイボウズ ガルーンSaaS(以下、ガルーン SaaS)」を活用したテレワーク運用支援の新サービス「サイボウズ ガルーンSaaS テレワークアシストサービス」を共同で開発し、2011年2月1日より販売開始すると発表した。

ライフネスは、テレワーク(在宅勤務)導入コンサルティング事業、システム販売、テレワークを活用したコールセンター、BPO事業などテレワークに特化したサービスを提供する企業。

通信インフラの充実、セキュリティ技術の発達、モバイル端末の進化などICT(情報通信技術)の進展と共に、在宅勤務が現実的となりテレワークの導入を検討する企業が増えてきた。「サイボウズ ガルーンSaaS テレワークアシストサービス」は、そんなテレワークの導入として「テレワーカーとのコミュニケーション手段」「テレワーカーの管理」を提供し、テレワーク導入をサポートする。それぞれの概要は以下のとおり。

  1. テレワーカーとのコミュニケーション手段
    「サイボウズ ガルーンSaaS テレワークアシストサービス」を利用することにより、自宅からでも会社にいるのと同様のコミュニケーション環境を実現できる。また、Web会議などと連携することにより(オプション機能)、自宅から社内会議への参加も可能となる。
  2. テレワーカーの管理
    通常業務で頻繁に利用されるグループウェアの出退勤データやスケジュール、ファイル管理、ワークフロー(社内申請)などの各機能をテレワーク向けモデルにカスタマイズ、利用ガイダンスなどを設け、テレワークの課題解決を図る。さらに、労働基準法やガイドラインにも適応した労務・業務管理をはじめ、利用ログなどの集計、分析を行うことで今まで可視化が困難とされていた在宅勤務時の「生産性」「業務効率化」についてもレポートの解析、コンサルティングを行うことが可能となる。

同製品の参考価格は、SaaSモデルが月額2,000円(税別)/ユーザー(500ユーザー利用時)より。最低利用ユーザーは50ユーザーから、10ユーザー単位での追加となる。また、自社運用モデル(オンプレミスモデル)の価格は別途問い合わせが必要となる。


サイボウズ総合研究所
http://cybozu-ri.co.jp/

ライフネス
http://www.lifeness.co.jp/

 

関連記事

サイボウズ総研とライフネス、「ガルーンSaaS テレワークアシストサービス」を共同で開発サイボウズ総合研究所とライフネスは2011年1月26日、クラウド型グループウェア「サイボウズ ガルーンSaaS(以下、ガルーン SaaS)」を活用したテレワーク運用支援の新サービス「サイボウズ ガルーンSaaS テレワークアシストサービス」を共同で開発し、2011年2月1日より販売開始すると発表した。

PAGE TOP