[技術解説]

技術進歩がもたらすBI新時代の幕開け (Part 1)

2011年2月1日(火)

現状把握から将来予測へ 高速分析で意思決定を支援 ここ1〜2年、高性能のDWHアプライアンスやインメモリーDBといった技術が続々と登場し、 企業内でペタバイト級のデータを扱えるようになった。これに伴い、データ活用の姿が変わろうとしている。 経営層や現場担当者を含むユーザーが、共通のデータソース上にある膨大かつ新鮮なデータを様々な切り口で分析。 そこから得た知見を、業務上の意思決定に即座に生かす。そんなBI新時代の幕開けである。

ビジネス環境が変化する兆候をとらえて次の一手を打つ。そのための強力なツールとして、BI(ビジネスインテリジェンス)に再び注目が集まっている。「BIに対する関心は高い。具体的な製品を指名して提案を依頼してくる企業も多い」。こう話すのは、CognosやBusinessObjectsといったスイート製品のほか、ActuateやPentahoなどOSSを用いたBIシステム構築を手がけるPro-SPIREの尾崎克孝執行役員 サービスインテグレーション事業部長である。

尾崎氏はさらに、ユーザー企業のニーズの変化について「従来、BIは売上や仕入れといったデータを抽出して定型帳票を作成し、『何が起きたか』『なぜ起きたか』といった過去を見る用途がほとんどだった。しかしここ1年は、『何が売れるか』や『どこに経営資源を投資すべきか』といった仮説を得るためにBIを導入したいという引き合いが増えている」と語る。アクセンチュアの後藤洋介パートナーは、BIの方向性を「レポーティングやダッシュボードといった現状把握型の既存機能に加えて、データマイニング技術による将来予測を取り込み、ビジネスアナリティクス(BA)へと発展していく」と見る。

ゴルフダイジェスト・オンラインの取り組みは、その先駆けである。同社は今、企業活動における問題の発生や予兆を素早く把握する「クイックPDCA」の実現に向けて、BIを導入中だ([node:3310,unavailable="Part 2(2月8日公開予定)"])。

リアルタイムに近づく分析スピード

こうした動きの背景には、競争がし烈さを増す中で、少しでも顧客サービスの向上や競争優位につなげたいという、ユーザー企業の切実な思いがある。「コストダウンは今後も必要だが、それだけでは限界。売り上げや利益の増加につながる施策が求められている。そのためにあらゆるデータを分析し、経営的な価値を生み出していく必要がある」(アクセンチュアの後藤氏)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

技術進歩がもたらすBI新時代の幕開け (Part 1)現状把握から将来予測へ 高速分析で意思決定を支援 ここ1〜2年、高性能のDWHアプライアンスやインメモリーDBといった技術が続々と登場し、 企業内でペタバイト級のデータを扱えるようになった。これに伴い、データ活用の姿が変わろうとしている。 経営層や現場担当者を含むユーザーが、共通のデータソース上にある膨大かつ新鮮なデータを様々な切り口で分析。 そこから得た知見を、業務上の意思決定に即座に生かす。そんなBI新時代の幕開けである。

PAGE TOP